試合詳細

日程 試合内容 対戦相手 試合会場
2014/01/11 56.7kg契約10R 藤本 悠起(三津山)
後楽園ホール
試合結果
○ 8R TKO 0-0 (-)(-)(-)
戦評
両グローブで顔を覆う様な固いガードで攻めの糸口を探る藤本に対し、前OPBFチャンピオン小國はジャブを軸にボディーストレート、ガードの隙間から顔面へのショートアッパー・フックと、上下へのコンビネーションで試合の主導権を握る。後半は互いに頭を付ける距離で打ち合う場面が多くなったが、インファイトでも分があるのは小國。ガードの隙間から右アッパーが藤本のアゴを捉え、ボディーへの連打が鈍い音を立てた。 藤本も時折ボディーフックなどを返し応戦したが試合の流れを変えることはできず、7Rに右目上をヒッティングカット。8R半ばには消耗著しい藤本のダメージへの考慮からかレフェリーが試合をストップした。