ボクシングニュース

2018年6月18日

伊藤雅雪「黙らせてやろうかな」米国世界奪取に意欲

伊藤雅雪「黙らせてやろうかな」米国世界奪取に意欲


 WBO世界S・フェザー級王座決定戦に出場する同級1位の伊藤雅雪(伴流)が18日、都内で記者会見し、同2位クリストファー・ディアス(プエルトリコ)との一戦に向けて決意表明をした。試合は7月28日(日本時間29日)、米フロリダ州キシミーでゴングとなる。


 バスケットボールから18歳でボクシングに転向し「27、28歳くらいで世界挑戦できるといいな」と考えていたという伊藤が27歳で世界初挑戦。記者会見でマイクを握ると「ベルトを獲ってくるのは当たり前だけど、それ以上にワクワクしている」と顔を紅潮させた。

 持ち前の運動能力の高さとディフェンス力を武器にデビューから連勝。しかし、15…→続きを読む


2018年6月16日

WBA・SB級戦 王者ローマンの挑戦者が計量失格

WBA・SB級戦 王者ローマンの挑戦者が計量失格

 明日16日(日本時間17日)米テキサス州ダラス近郊フリスコのフォードセンター・アット・ザ・スターで挙行されるIBF世界ウェルター級タイトルマッチの計量が15日行われ、王者エロール・スペンスJr(米)が146ポンド3/4(66.56キロ)、挑戦者2位カルロス・オカンポ(メキシコ)が146ポンド1/2(66.45キロ)をマーク。リミット147ポンドを合格した。

 地元出身のスペンス(28)は敵地英国でケル・ブルックから獲得したベルトのV2戦。ロンドン五輪米国代表からプロ入りしてこれまで23勝20KO無敗。サウスポーの万能型で、フロイド・メイウェザーの後継者とも呼ばれるスター候補。現在11試…→続きを読む


2018年6月14日

ゴロフキンvsカネロⅡ締結 デラホーヤ氏がツイート

ゴロフキンvsカネロⅡ締結 デラホーヤ氏がツイート


 交渉が難航していたミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とカネロ・アルバレス(メキシコ)の再戦が9月15日挙行される運びとなった。



 カネロのプロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)のオスカー・デラホーヤ氏が現地時間13日13時59分ツイッターで「9月15日、カネロGGG2が決まったことを報告できてハッピーだ」と発信。その他の詳細は発表されていないが、会場はラスベガスのT-モバイルアリーナが濃厚となっている。

 カネロのドーピング問題で5月5日の予定が中止となり、仕切り直しとなった交渉はゴロフキン側が報酬50-50を要求。これに対して…→続きを読む


2018年6月12日

伊藤雅雪がWBO決定戦出場 フロリダでディアスと

伊藤雅雪がWBO決定戦出場 フロリダでディアスと


 WBO・S・フェザー級2位の伊藤雅雪(伴流)が7月28日、米フロリダ州キスミーのシビックセンターで同級1位クリストファー・ディアス(プエルトリコ)と同級王座決定戦に出場する。主催のトップランク社が11日メディアに通達した。



3月3日の世界前哨戦に勝利した伊藤(右)

 この王座はワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がWBAライト級王座を獲得後返上し空位となっている。試合はESPNが全米へストリーミング発信サービスで中継する。

 伊藤(23勝12KO1敗1分)はOPBFとWBOアジアパシフィック王座を獲得し、現在は主要4団体すべてでベスト10入りしている。唯一の黒星は…→続きを読む


2018年6月11日

5月MVPは細川バレンタイン、敢闘賞は永野祐樹

5月MVPは細川バレンタイン、敢闘賞は永野祐樹

東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は11日、5月の月間三賞を発表した。最優秀選手賞には日本S・ライト級チャンピオンの細川バレンタイン(角海老宝石)が選ばれた。

 37歳で初めて日本王座を獲得した細川は同月7日、初防衛戦で元ドミニカ共和国王者のデスティノ・ジャパン(ピューマ渡久地)と対戦。4回にダウンを奪われながら、同じ回にすぐさまダウンを奪い返し、7回に鮮やかな右カウンターを決めてTKO勝ちを収めた。細川はこの試合でチャンピオンカーニバルの敢闘賞にも選ばれている。

 敢闘賞は日本ウェルター級6位の永野祐樹(帝拳)。サウスポーの永野は30日、日本S・ウェルター級2位の長濱陸(白井・…→続きを読む


2018年6月6日

日本Sウェルター級・暫定王者決定戦、開催決定!

日本Sウェルター級・暫定王者決定戦、開催決定!

先日、空位を争った日本Sウェルター級に新たな展開が。

激闘を制し新王者となった新藤寛之(宮田)選手であったが、試合後の診察によりケガをしていることが判明。

これにより暫定王座決定戦を行うことが決定。先日、日本ボクシングコミッションより正式決定したと打診される。現在同級1位の渡部あきのり(角海老宝石)と、5月15日に王座決定戦を争った同級3位の丸木凌介(天熊丸木)と対戦するようコミッションより通達があった。

※本来であれば、ランキング同級2位の長濱陸(白井・具志堅)選手であったが、5月30日ダイナミックグローブにて行われた試合に敗戦、権利を失う。

このタイトルは8月24日…→続きを読む


2018年6月1日

7月9日SLUGFEST.5、全対戦カード決定!

7月9日SLUGFEST.5、全対戦カード決定!

現在、日本ウェルター級2位:坂本大輔の引退試合をメインイベントに設定。対戦者は同級15位:越川孝紀(セレス)選手。坂本大輔の母校である習志野高校の後輩でありセミファイナルに出場する福本祥馬の同期生。先輩として、また日本ウェルター級を長きに渡り牽引してきたプライドにかけ負ける訳にはいかない、勝たねばならない一戦である。


セミファイナルに登場する日本ミドル級4位:福本祥馬の対戦相手は、OPBF同級シルバー王者であり現在OPBF同級1位のマーク・ルーカス(オーストラリア)を招聘。9戦9勝(3KO)とパーフェクトレコード更新中の強者であり、現日本同級王者の竹迫司登(ワールドS)選手へのリベン…→続きを読む


2018年5月30日

最新日本ランキング Sウェルター級は暫定王座設置へ

最新日本ランキング Sウェルター級は暫定王座設置へ

JBC(日本ボクシングコミッション)は29日、最新5月度の日本ランキングを作成した。

 今月はS・ライト級の細川バレンタイン(角海老宝石)がタイトルの初防衛に成功し、S・ウェルター級は新藤寛之(宮田)が空位の王座に就いた。5月15日の決定戦で丸木凌介(天熊丸木)に競り勝った新藤は試合で痛めた右手関節が全治3ヵ月の見込みで初防衛戦が遅れることから、同級は暫定王座が設けられる方向だ。

 新たにランク入りした選手は以下の通り(いずれもタイトル挑戦権のある12位まで)。L・フライ級6位の戸高達(レパード玉熊)、同9位細谷大希(角海老宝石)、同12位池間亮弥(広拳)、フライ級12位山内涼太(…→続きを読む


これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎