ボクシングニュース

2017年9月13日

岩佐がTKOで勝利、小國初防衛ならず

岩佐がTKOで勝利、小國初防衛ならず

13日に行われた、IBF世界S・バンタム級タイトルマッチは挑戦者 岩佐亮佑(セレス)が6RTKOで王者 小國以載(角海老宝石)を下し、新チャンピオンの座を獲得した。

10年前、高校時代にアマチュアで対戦した両者の再対決。
1R終盤に岩佐の左ストレートがカウンターで小國を直撃。ダウンを奪う。
立ち上がった小國だが、2R終盤にも岩佐の左ストレートを浴び、2度のダウン。
序盤から小國には厳しい展開となった。

小國もボディを攻め、4R以降は接近戦に持ち込み互角の戦いとなった。
6Rも激しい攻防が続いたが、岩佐の攻撃も止まず小國が唇から出血。
激しくなった出血にドクターチェックが入…→続きを読む


2017年9月12日

小國以載初防衛戦計量は一発パス!

小國以載初防衛戦計量は一発パス!

13日に大阪エディオンアリーナで行われる小國以載&田中恒成 ダブル世界戦 メインに出場する小國以載(角海老宝石)は笑顔で計量会場に入ると100gアンダー55.2㎏でパス。 対戦相手3位岩佐亮佑(セレス)も同じく100gアンダー55.2㎏でパスした。 →続きを読む


2017年9月9日

第101回角海老親善スパーリング大会 開催決定

2017年度・第101回角海老親善スパーリング大会 申込受付


大変長らくお待たせしました。

10月15日(日)開催・角海老親善スパーリング大会の申込受付を下記日程より開始いたします。
お申込みは下記リンク先にあります書式に必要事項記入の上FAXにて送信して下さい。


申込の書面は4ページ目の「スパーリング大会参加申込書」のみで結構です。

5ページ目の「誓約書」は大会当日の計量時にご提出下さい。

※「誓約書」の控えが必要な方はお手数ですが
  各自コピーで対応してください。

 

■受付開始・・・2017年9月11日(月)から 先着100名
 …→続きを読む


2017年9月6日

赤穂市民会館にてパブリックビューイング開催!

赤穂市民会館にてパブリックビューイング開催!

小國以載選手IBF世界タイトルマッチ初防衛戦
~パブリックビューイングin赤穂~

日時:平成29年9月13日(水)19:00~
場所:赤穂市民会館 大会議室
日程:19:00~ 開場、アトラクション
   20:50~ 開会セレモニー
   21:00~ パブリックビューイング開始

☆入場無料 ※事前申し込みの必要はありません

☆お問合せ 赤穂市教育委員会スポーツ推進課
      電話:0791-43-6869

☆主催 赤穂市 赤穂市教育委員会

☆協力 義士魂小國以載後援会 小國以載応援団


試合当日、赤穂市民会館でパブリックビューイングの場…→続きを読む


2017年9月5日

小浦翼の初防衛戦は谷口将隆と対戦!

小浦翼の初防衛戦は谷口将隆と対戦!


東洋太平洋ミニマム級チャンピオンの小浦翼(E&Jカシアス)が同級1位・谷口将隆(ワタナベ)と対戦する。
日程は11月11日後楽園ホールで行われる。
11戦無敗8KO中の小浦はWBA14位WBCでは10位にランク。
対する挑戦者谷口は今年4月小西伶弥(真正)との日本ミニマム級王者決定戦で2-0の判定で破れた後はフィリピンと大阪で試合し2連勝中。戦績は9戦8勝(6KO)1敗

この日はDANGANの記念すべき200回目の興行となっておりその他にも
最強挑戦者決定戦がスーパーウェルター級とスーパーフライ級の2試合
今年から新設された日本ユースタイトルがライト級とスーパーライト級で2…→続きを読む


2017年8月31日

Sライト級4冠王者・クロフォードがIBF王座返上!

Sライト級4冠王者・クロフォードがIBF王座返上!


今月19日、ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)との統一戦で3回KO勝ちし
バーナード・ホプキンス(米)以来13年ぶりに主要4団体のベルトを統一したテレンス・クロフォード(米)が早くもその一つ、
IBF世界S・ライト級王座返上を発表した。

クロフォードはインドンゴ戦の前からIBF同級1位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)から指名試合の締結を迫られていた。
IBFは31日にクロフォードvsリピネッツの入札を予定していたが、
前日30日、王者が返上を決意した。

クロフォードはWBO世界ウェルター級王者ジェフ・ホーン(豪)とマニー・パッキャオ(比)の再戦の勝者へ挑戦を望んでおり、残…→続きを読む


2017年8月30日

山中竜也がWBOミニマム級新王者

山中竜也がWBOミニマム級新王者

27日、熊本県芦北町のしろやまスカイドームで行われた WBO世界ミニマム級タイトルマッチは、 ホームの王者福原辰弥(本田フィットネス)と同級1位山中竜也(真正)が激突。 結果は3-0判定でアウェイの山中が勝利、新チャンピオンとなった。 熊本初の世界チャンピオン、福原は初防衛ならず。 写真:ボクシングモバイル様→続きを読む


2017年8月23日

武田航 日本ユース初代バンタム級王座獲得!!

武田航 日本ユース初代バンタム級王座獲得!!

日本ユース初代バンタム級王座決定戦 (8月23日・後楽園ホール) ◯武田 航(角海老宝石) VS ×中村 祐斗(市野) 【TKO8R(1分48秒)】 武田は2Rに右フックのカウンターでダウンを奪う。 その後は中村も盛り返し、試合は最終8Rまでもつれ込んだが、最後はレフェリーストップで武田のTKO勝ち。 武田は2015年全日本新人王に続くタイトルの獲得となった。→続きを読む


これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎