ボクシングニュース

2018年4月23日

5月7日SLUGFEST.4 「POINT OF VIEW」

5月7日SLUGFEST.4 「POINT OF VIEW」

5月の角海老プロモーション「SLUGFEST」のメインイベントを飾るのは王者・藤本京太郎(角海老宝石)が挑戦者アーロン・ラッセル(豪州)を迎え撃つOPBF東洋太平洋ヘビー級 とWBOアジアパシフィック・ヘビー級の2冠戦だ。

 OPBFは3度目、WBOは2度目の防衛戦となる京太郎。世界ランクでWBO6位、WBA15位につけ、自身の「最終目標」、そして日本ボクシング界の夢でもある日本人初のヘビー級世界王座挑戦が視界に入り、「そこまであと少し。チャンスが来るのを待つ。勝つのは当然。負けたら終わってしまう」と必勝を誓う。3月初めから約1カ月、米ロサンゼルスで合宿を行い、世界挑戦経験のあるジェラ…→続きを読む


2018年4月10日

3月の月間MVPは久我勇作 敢闘賞は大竹秀典

3月の月間MVPは久我勇作 敢闘賞は大竹秀典

東日本ボクシング協会の月間賞選考委員会は10日、3月の月間三賞を発表した。最優秀選手賞には日本S・バンタム級チャンピオンの久我勇作(ワタナベ)が選ばれた。

左から敢闘賞の大竹、MVP久我、新鋭賞の鈴木

 久我は同月27日、チャンピオンカーニバルで指名挑戦者の小坂遼(真正)と対戦。電光石火の初回KO勝ちで2度目の防衛に成功した。

 敢闘賞に選出されたOPBF・S・バンタム級王者の大竹秀典(金子)は13日、同級10位ブライアン・ロベターニャ(比)に10回TKO勝ちで3度目の防衛に成功。36歳のベテランはいまだ健在だ。

 新鋭賞は鈴木菜々江(シュウ)が選ばれた。鈴木は8日の日…→続きを読む


2018年4月9日

5.7 藤本京太郎の2冠防衛戦が決定!

5.7 藤本京太郎の2冠防衛戦が決定!

OPBF東洋太平洋&WBOアジアパシフィック・ヘビー級王者の藤本京太郎(31=角海老宝石)が、OPBF3度目、WBOアジア2度目の防衛戦を行うことが決まった。対戦相手はWBOアジア・クルーザー級で14位にランクされるアーロン・ラッセル(29=豪)。戦績は14戦10勝(4KO)4敗で、IBOオセアニアクルーザー級、豪州クルーザー級、豪州クイーンズランドクルーザー級で3つの地域タイトルを保持する好戦的な右ファイターだ。試合は5月7日(月)、後楽園ホール開催「SLUGFEST.4」のメインで行われる。

藤本は現在WBO6位、WBA14位と世界2団体にランクされ、夢のヘビー級世界戦に向けて負…→続きを読む


2018年4月9日

村田の挑戦者ブランダムラ「インテリジェンス使う」

村田の挑戦者ブランダムラ「インテリジェンス使う」

15日の横浜アリーナでWBA世界ミドル級チャンピオン、村田諒太(帝拳)に挑戦するエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)が9日、都内の帝拳ジムで練習を公開した。

 5日に来日したブランダムラは空港で取材に応じたときと同じように、この日もリラックスムードだった。世界初挑戦ながら「タイトルマッチは8回か9回、欧州タイトルは4回経験している」と自らのキャリア強調。2014年7月、ビリー・ジョー・サンダース(英=現WBO王者)戦でプロ初黒星を喫したことで、心身ともに成長したと語った。

 気さくな挑戦者ではあるが、試合に関する質問だけは、具体的な答えを避けた。「インテリジェンスを使ってボクシ…→続きを読む


2018年4月9日

4.28 中川兄弟が揃ってタイトル戦

4.28 中川兄弟が揃ってタイトル戦


 日本スーパーバンタム級1位、東洋太平洋同級7位の中川麦茶(29=角海老宝石)が今月28日(土)、フィリピン・マニラ市のエロルデスポーツセンターで62戦のキャリアを誇るリッキー・マヌフォー(31=インドネシア)とWBAアジアイースト・スーパーバンタム級王座決定10回戦に出場することが分かった。同じ日には同ジムに所属する弟の中川抹茶(24)が、大阪・泉大津市TEXPIA OSAKAで日本バンタム級12位の入口裕貴(エスペランサ)を迎え、自身が保持する日本ユース同級王座の初防衛戦を予定し、兄弟揃って敵地でタイトル戦を行うことになった。
→続きを読む


2018年4月8日

源大輝が日本フェザー級新王者

源大輝が日本フェザー級新王者

日本フェザー級タイトルマッチが7日、後楽園ホール「第572回ダイナミックグローブ」のメインイベントで行われ、挑戦者1位の源大輝(ワタナベ)が王者の大橋健典(角海老宝石)に7回1分12秒TKO勝ち。大橋は初防衛に失敗した。

 リーチで上回る源が初回から主導権を握った。足を使いながらジャブを上下に打ち分け、左フックも見舞う。2回には左ボディを決めて、ジャブ、右ストレートも次々にヒット。ラウンド終盤、左フックを決めると大橋がグラついた。

 大橋は3回、ジャブで立て直しを図り、右ストレートを決めた。しかしラウンド終盤に源の右がきれいにヒット。大橋は4回もジャブを当てたが、5回に偶然のバッテ…→続きを読む


2018年4月2日

ジョシュアがヘビー級3冠王者 連続KOは途絶える

ジョシュアがヘビー級3冠王者 連続KOは途絶える



 英ウエールズ・カーディフのプリンシパリティ・スタジアムで1日ゴングとなったヘビー級統一戦は、WBAスーパー・IBF王者のアンソニー・ジョシュア(英)がWBO王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)に3-0判定勝ちした。


 最終スコアは118-110×2、119-109。ジョシュアはWBAスーパー王座が2度目、IBF王座が5度目の防衛に成功。デビュー以来の連続KO記録は20でストップし、戦績を21勝20KO無敗とした。

 ジョシュアは「戦略通りにジャブを使うことができた」としながらも「我々はまだベストに到達していない。満足はしていない」とさらなる飛躍を誓った。

→続きを読む


2018年3月29日

コーチ義人「体重超過における処分」について

 本日3月29日正午、日本ボクシングコミッションにおいて、角海老宝石ジムにおけるコーチ義人の処分に関して以下の通り公式文書提出致しました。この場をお借りして皆様にご報告申し上げます。


以下、原文

「体重超過における処分について」

この度、角海老宝石ジム(以下、当ジムとする)所属A級ライセンスボクサーであるコーチ義人は、2018年3月26日に開催されたSバンタム級8回戦(大森将平(Woz)戦)の前日計量においてSバンタム級規定体重55.3kgを1.8kg超過し計量失格、試合棄権・中止という結末に至りました。

階級制を前提としたプロ競技スポーツであるボクシングに対する社…→続きを読む


これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎