スポーツナビコラム

2017年11月16日

大橋が12.1に日本タイトル初挑戦へ!

大橋が12.1に日本タイトル初挑戦へ!

 日本フェザー級7位の大橋健典(28=角海老宝石)が12月1日、日本王者の坂晃典(25=仲里)を相手に、ついにタイトル初挑戦のリングを迎える。デビューから8年、21戦目で迎えたビッグチャンス、角海老屈指のスラッガーが持ち前の強打を武器にベルト獲りを目指す。

 大橋の前に立ちはだかるのは、今年4月に当時の日本王者、林翔太(畑中)に挑戦し、3回TKO勝利という圧巻のパフォーマンスで新王者の座を手にした坂。その高い攻撃力でここまで8連続KO勝利中の関西気鋭のチャンピオンにとっては、これが初防衛戦となる。

 2人の戦績は坂が16勝(13KO)3敗、大橋が14勝(9KO)4敗2分と、お互いK…→続きを読む


2017年11月14日

角海老の強豪勢がベルト目前で…

角海老の強豪勢がベルト目前で…

 11月に入ってベルトまで目前に迫った角海老の強豪たちが相次ぎ敗戦を喫し、勝利の女神はここぞという時になかなか微笑んでくれない、というボクシングの厳しさをあらためて痛感させられることになった。

 3日には日本タイトル挑戦者決定トーナメントの決勝戦でミドル級1位の福本祥馬とバンタム級1位の中川勇太が揃って破れ、そして7日には日本ウェルター級暫定王者まで登りつめた坂本大輔が、正規王者の有川稔男(川島)との王座統一戦に挑戦したが、5回TKO負けを喫して王座から「暫定」の二文字を外すことはできなかった。

 坂本は2014年4月に有川と対戦し、初回TKOで勝利している相手だけに正規王者への昇…→続きを読む


2017年11月6日

藤本が5回KO勝利で世界挑戦へ前進!

藤本が5回KO勝利で世界挑戦へ前進!

 4日に行われた角海老宝石ジム主催興行「ダイナミックグローブ」で、ヘビー級のOPBF東洋太平洋、WBOアジア・パシフィックの2冠王者の藤本京太郎がOPBF4位、WBO・AP10位のランドール・レイモント(豪)を挑戦に迎えて防衛戦を行った。目標の世界挑戦に向けて「これが前哨戦のつもりで」と意気込んだ藤本は、ランドール5回KOで下して見事な快勝を挙げた。藤本はOPBFは2度目、WBO・APは初の防衛に成功した。

 総合格闘技から転向してきたレイモントは、両腕を前に突き出した独特の構え。それに対峙した藤本はまずは、ボディーを中心に攻撃を重ねていく。スピードで上回る藤本はその後もテンポ良くワンツ…→続きを読む


2017年10月15日

11.4 ダイナミックグローブの見所を紹介!

11.4 ダイナミックグローブの見所を紹介!

 11月4日に後楽園ホールで行われる「第567回ダイナミックグローブ」は、ヘビー級のOPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィック両王座を保持するWBO世界9位の藤本京太郎の防衛戦をメインに、日本王座への挑戦者決定戦が2試合など、見応えたっぷりでお届けする。

 藤本は、豪州出身で総合格闘技家でもあるランドール・レイモントを挑戦者に迎え、アジア両王座の防衛戦。WBO世界ヘビー級王者のジョセフ・パーカーから対戦者候補として名前を挙げられるなど、世界挑戦への期待が高まる中、藤本は「自分にとっては世界前哨戦の位置づけ」と意気込む。日本人ヘビー級ボクサーの世界挑戦は前例がないだけに実現に向かたハード…→続きを読む


2017年10月6日

村田が22日にWBA王者に再挑戦

村田が22日にWBA王者に再挑戦

 ロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級1位の村田諒太(31=帝拳)が10月22日に、5月の世界初挑戦で初黒星となる判定負けを喫した同級王者、アッサン・エンダム(33=仏)とのダイレクトリマッチに挑む。前回の対戦では、村田が4回にダウンを奪うなど、試合を有利に進めていたという見方が大勢を占める中での疑惑の判定が取りざたされ、WBA会長も村田の勝利を支持し、再戦を求めていた。

 村田は「前回は通用するかどうか信じきれない部分もあったが、今回は信じきれる。それが精神的な支えで大きなところ」と、世界王座獲得に自信を見せる。再戦にあたり、同じ轍を踏まないために求めれられるのは明確な勝利。5…→続きを読む


2017年9月14日

IBF世界王者の小國が初防衛に失敗、引退表明

IBF世界王者の小國が初防衛に失敗、引退表明

 IBF世界Sバンタム級王者・小原以戴(29=角海老宝石)の初防衛戦が9月13日、エディオン大阪で行われ、挑戦者で同級3位のサウスポー、岩佐亮佑(27=セレス)に小國は1、2回に通算3度のダウンを奪われ、6回TKO負けを喫して初防衛に失敗した。小國は試合後、引退を表明。岩佐は2度目の世界挑戦で見事王座を手中にした。

 2人は高校時代に一度対戦し、岩佐が勝利を収めている間柄。アマでは高校3冠の岩佐に対して、小國は無冠。プロになって立場が逆転し、世界戦の舞台で再び拳を交えることになった。

 そのため、岩佐の強さをよく知り、サウスポーが苦手だと公言していた小國は「距離を取って駆け引きをし…→続きを読む


2017年9月11日

井上が米デビュー戦で圧勝TKO

井上が米デビュー戦で圧勝TKO

 WBO世界Sフライ級王者、井上尚弥(24=大橋)が9日、米カリフォルニアのスタブハブ・センターで同級7位のアントニオ・ニエベス(30=米)を見事6回終了TKO勝ちで下し、6度目の防衛に成功するとともに、プロ14戦目で念願の米国デビュー戦を文句ない圧勝で飾った。

 日本の「怪物」が本場・米国のリングをついに襲来した。大橋会長はこの一戦を「本物のモンスターになるための第一歩」と位置づけ、勝利はもちろん試合内容が求められる重要な試合、井上自身が「ここが人生の分かれ道」と表現したその舞台で、しっかりと期待に応えるパフォーマンスを魅せた。

 初回から鋭いジャブを軸に、ワンツースリーと積極的…→続きを読む


2017年8月18日

山中が衝撃の4回TKO負けで、V13達成ならず

山中が衝撃の4回TKO負けで、V13達成ならず

 15日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチは、王者の山中慎介(34=帝拳)が同級1位の挑戦者ルイス・ネリ(22=メキシコ)に衝撃の4回TKO負けで初黒星を喫し13度目の防衛に失敗、5年9カ月にわたって保持した王座から陥落した。勝てば具志堅用高氏が持つ世界王座防衛記録に並ぶ節目の一戦だったが、無敗の若きメキシカンの勢いをしのぐことができず、最後はセコンド陣営からのタオル投入となった。

 サウスポー同士の一戦、序盤はジャブの差し合いから。山中の立ち上がりは上々で、ジャブでネリの動きを止めながら、いきなりワンツーで左ストレートを命中するなど好調に見えた。一方、KO率74%を誇る挑戦者…→続きを読む


これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎