スポーツナビコラム

2017年6月29日

30日は「角海老ボクシング」 日本王座挑戦の坂本Dに岡田、土屋が競演

30日は「角海老ボクシング」 日本王座挑戦の坂本Dに岡田、土屋が競演

 日本ウェルター級1位・坂本大輔の日本タイトルマッチをメインイベントに、注目選手が目白押しの「角海老ボクシング」がいよいよ30日に迫ってきた。角海老のエース、Sライト級世界ランカーの岡田博喜と前日本ライト級王者の土屋修平が坂本の脇を固める大盤振る舞い、後楽園ホールを熱く盛り上げる。

 24戦13勝(8KO)8敗3分と決して順風満帆のキャリアを歩んできたわけではない。デビューから10年目、35歳で初の日本タイトル挑戦。日本ウェルター級1位、坂本大輔が同2位の川崎真琴(RK蒲田)との暫定王座決定戦に出撃する。4月に現王者の有川稔男(川島)に挑戦する予定が、直前で有川の負傷により試合が中止とな…→続きを読む


2017年6月27日

坂本大輔インタビュー「やめなかったからここまで来れた。今の自分はツイてる」

坂本大輔インタビュー「やめなかったからここまで来れた。今の自分はツイてる」

 デビューから10年目、35歳で初の日本タイトル挑戦を迎える日本ウェルター級1位の坂本大輔。4月に現王者の有川稔男(川島)に挑戦する予定が、直前で有川の負傷により試合が中止となったが、すぐに同2位の川崎真琴(RK蒲田)との暫定王座決定戦が決定した。「散々練習してきて、試合が流れた時は本当に悔しかったが、もう一回チャンスが来た。しかも下位ランカーとの決定戦。運も含めて心身ともに今が最高の時期」と必勝を誓う。

――調子はいかがですか?
「もう、最高の状態ですね」

――練習も充実してそうですね
「有川選手との試合前も、すごい緊張感の高い練習もできてたんで、試合が流れた時はめちゃくちゃ…→続きを読む


2017年6月27日

2017.6.28「角海老ボクシング」見どころ

2017.6.28「角海老ボクシング」見どころ

2017年上半期の総決算となる「角海老ボクシング」のメインイベントは正規王者・有川稔男(川島)の負傷による戦線離脱に伴う日本ウェルター級暫定王座決定戦、同級1位・坂本“D”大輔(角海老宝石)と同級2位・川崎真琴(RK蒲田)が拳を交える。
 
アマチュアの名門・習志野高校、拓殖大学で活躍した後、東京NSC(吉本総合芸能学院)の門を叩いて、お笑い芸人を志したという異色の経歴を持つ坂本Dは“日本ボクシング界のレジェンド”坂本博之(角海老宝石、元OPBF東洋太平洋ライト級王者)が現役を引退した直後の2007年5月にB級デビュー。2008年11月、迫田大治(横田スポーツ)を破って5戦目で日本ランクに…→続きを読む


2017年6月11日

角海老勢奮闘の6月、30日には坂本Dが日本タイトル初挑戦!

角海老勢奮闘の6月、30日には坂本Dが日本タイトル初挑戦!

 6月は次のチャンピオンを目指す角海老ランカー勢の注目試合が目白押しの1カ月。30日には日本ウェルター級1位の坂本大輔が日本タイトル初挑戦、同2位の川崎真琴(RK蒲田)との暫定王座決定戦に挑む。3日には「DANGAN 134」に全日本Sバンタム級新人王で一時はボクシングから離れていたコーチ義人が5年ぶりにリングに復帰、セミファイナルでグレン・メデュラ(フィリピン)に5回TKO勝利を上げて、カムバックを果たした。8日は、岡田博喜に続く日本Sライト級の後継者、同級1位の今野祐介が、かつて岡田と2度にわたり好勝負を繰り広げた元角海老の現王者・麻生興一(三迫)に挑戦するも、9回までの採点ではリードしな…→続きを読む


2017年5月29日

村田が「疑惑の判定」で世界挑戦失敗、再戦の可能性も

村田が「疑惑の判定」で世界挑戦失敗、再戦の可能性も

 ロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級2位の村田諒太(31=帝拳)が20日、世界初挑戦を果たし、同王座決定戦を1位のアッサン・エンダム(33=フランス)と争った。4回にダウンを奪うなど優勢と見られた村田だったが、試合は12回フルラウンドの末、2-1の判定でエンダムが勝利した。村田の世界戴冠はならなかったが試合後、帝拳側が判定に強い異議を表明するなど、「疑惑の判定」をめぐって紛糾し、WBA会長も「村田が勝った試合」と認めて異例の謝罪。さらに再戦指示も出したことで村田の世界再挑戦に向けて事態が急展開している。

 村田とエンダムのタイトルマッチは、手数ではエンダムが上回った印象だが、得…→続きを読む


2017年5月13日

藤本がOPBF初防衛、WBOアジア王座も手中に!

藤本がOPBF初防衛、WBOアジア王座も手中に!

 OPBF東洋太平洋ヘビー級王者の藤本京太郎が8日、後楽園ホールで同級1位のヘルマン・パーセル(豪)と初防衛戦とWBOアジア・パシフィック王座を懸けて対戦。藤本は的確なボクシングで試合を優位に進め、9回にパーセル陣営がタオルを投入し、見事TKO勝利を飾った。日本、OPBF、WBOアジアと3本のベルトを手中にした藤本は、試合後にWBO王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)への挑戦に名乗りを上げた。これで藤本の戦績は17勝(9KO)1敗。

 試合前から「特に意識するわけじゃないが、チャンスがあればKOで勝ちたい」と話していた藤本。タオル投入によるTKO勝ちにも、「こんなんじゃダメ。ベルト…→続きを読む


2017年5月6日

「5・8角海老ボクシング」見どころ

「5・8角海老ボクシング」見どころ

昨年暮れから年初にかけ、世界・東洋太平洋・日本王座を制覇するゴールドラッシュに湧いた名門・角海老宝石ジム。小堀佑介(元WBA世界ライト級チャンピオン)以来約8年、2920日ぶりに世界王座をもたらしたIBF世界スーパー・バンタム級チャンピオン小國以載は移籍組、日本ボクシング界に風穴を開ける空前の偉業を成し遂げたOPBF東洋太平洋ヘビー級チャンピオン藤本京太郎はK-1、苦節7年で花を咲かせた前日本ライト級チャンピオン土屋修平はキックボクシングからの転向組と、昨冬の快進撃は大志を抱く若武者に広く門戸を開放してきたジムの伝統「来る者拒まず」という気風の結晶でもあった。
角海老黄金時代の再来を予感させ…→続きを読む


2017年5月4日

藤本京太郎 試合直前インタビュー

藤本京太郎 試合直前インタビュー

 1月にアジア人初の東洋太平洋ヘビー級王者となった藤本京太郎の初防衛戦。対戦相手は指名挑戦者で同級1位のヘルマン・パーセル(サモア)。12勝5敗、22歳の右ファイターに対して「KOできるチャンスもあると思う」と藤本に、前回のタイトルマッチから今戦まで、またヘビー級で戦うことの意味などを聞いた。


――初防衛戦が決まって心境は?
「試合を組むのが大変だったみたいで、まずは決まって良かったです」

――1月に東洋太平洋ヘビー級タイトルを獲ってからどういう時間を過ごしてきた?
「次が初防衛戦なのか、または別の道へ行くのかがまだ分からなかったし、自分の中では目標にしていた東洋を獲ったこ…→続きを読む


これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎