スポーツナビコラム

2014年2月10日

岡田に続き、下川原も3月にタイトル挑戦へ

岡田に続き、下川原も3月にタイトル挑戦へ

 Sウェルター級の下川原雄大が3月11日、同級のOPBF東洋太平洋タイトルマッチに挑戦することが決定した。現在日本4位、東洋8位の下川原は、30戦目にして初のタイトル挑戦。チャーリー太田(八王子中屋)が返上した空位の王座を日本3位、東洋3位の元日本ウェルター級王者・沼田康司(トクホン)と争う。3月は、4日に日本Sライト級2位の岡田博喜も日本タイトル挑戦を予定しており、ベルト連続奪取の可能性は十分ある。
 
 下川原は過去何度かあったタイトル挑戦のチャンスを逃してきた。2010年は最強後楽園の決勝に出場したものの渡部あきのり(協栄)に破れ、2011年はウェルター級2位とタイトル挑戦目前のとこ…→続きを読む


2014年1月19日

期待の新星・岡田、8戦目でベルト獲りへ

期待の新星・岡田、8戦目でベルト獲りへ

 アマチュア時代に高校2冠を達成してプロ転向後、7戦全KO勝利と破竹の勢いで一気に日本Sライト級2位まで駆け上がった岡田博喜が3月4日、日本タイトルマッチを行うことが決定した。前王者の小原桂太(三迫)が返上した空位の王座をめぐって同1位の小竹雅元(三迫)と戦う。岡田のポテンシャルを考えると期待値は大きく、角海老の新星が8戦目にしてベルトに手をかける――。

 現在24歳の岡田自身は「決してハードパンチャーなわけではない」と言いながらも、デビュー以来すべての試合でKO勝利を続けている。しかも日本屈指のKOファイターである亀海喜寛(帝拳)や渡部あきのり(野口)が倒せなかったインドネシアのヘリ・…→続きを読む


2014年1月16日

加藤、東洋王座陥落 関西の新鋭・中谷に判定負け

加藤、東洋王座陥落 関西の新鋭・中谷に判定負け

 11日の『角海老ボクシング』は、メインイベントで2度目の防衛戦を行った東洋太平洋ライト級王者・加藤善孝が、同級6位の挑戦者・中谷正義(井岡)に12回判定で破れ、王座から陥落する波乱の幕切れとなった。

 恐れていた最悪のシナリオが起きた。デビュー以来全勝のまま7戦目で東洋タイトル挑戦にこぎつけた関西期待のホープに、WBC・WBOともに10位に付ける世界ランカーであり、31戦26勝のキャリアを誇るチャンピオンが破れる番狂わせ。

 試合前の予想では過去6戦のうち5KOの中谷は、7回以降が未知の領域となるため、中盤から後半まで試合がもつれれば加藤有利と見る向きが多かった。しかし中谷は最終…→続きを読む


2014年1月14日

2013年MVPは山中慎介に決定!

2013年MVPは山中慎介に決定!

 ボクシング記者の投票で決める2013年の年間表彰選手が7日発表された。最優秀選手賞(MVP)にはWBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)が輝き、技能賞にはWBA世界Sフェザー級王者・内山高志(ワタナベ)、殊勲賞にはWBC世界Sフェザー級王者・三浦隆司(帝拳)が選ばれた。

 現在王座を5度防衛中の山中のMVPには異論はないだろう。昨年行われた3度の防衛戦をすべてKO勝利した圧倒的なパフォーマンスは、並みいる日本人世界王者の中でも頭一つ抜きに出る存在感を示し、2年連続となるKO賞も受賞した。今年は海外進出も期待され、月末からラスベガス合宿に入る山中は、「ボクシングでは自分が一番目立ちたい…→続きを読む


2014年1月10日

注目の加藤×中谷ほか 11日は今年最初の『角海老ボクシング』

注目の加藤×中谷ほか 11日は今年最初の『角海老ボクシング』

 いよいよ11日、今年一発目の『角海老ボクシング』が後楽園ホールで行われる。主役はもちろんOPBF東洋太平洋ライト級王者・加藤善孝。昨年7月に角海老のホープ、土屋修平をノックアウトして一躍その名を広めた西の新進気鋭、6戦全勝(5KO)中の同級7位・中谷正義(井岡)を挑戦者に迎えた2度目の防衛戦は、新年早々絶対に見逃せない国内ライト級屈指の好カードだ。 

 土屋をわずか3回でマットに沈められた角海老ファンの心情としては、加藤にはきっちりリベンジを果たしてもらいたいところだが、身長180センチの体格とリーチを活かした強打、キレのある攻撃的なファイトスタイルが持ち味の中谷は、加藤にとっても間違…→続きを読む


2014年1月7日

1・11後楽園決戦を制するのは「善」か「正義」か

1・11後楽園決戦を制するのは「善」か「正義」か

 角海老プロモーション新春初興行となる「'14角海老ボクシング―DAVE☆IMPACT」の開催が今週末(11日、東京・後楽園ホール)に迫ってきた。メインイベントはOPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ。2度目の防衛戦となるチャンピオン加藤善孝(角海老宝石)が同級7位の中谷正義(井岡)の挑戦を受けて立つという好カードが組まれた。

 「DAVE☆IMPACT」とサブタイトルが銘打たれているように、デーブ(加藤のジム内での通称)の、デーブによる、デーブのための興行であるが、挑戦者の前評判が今回のタイトルマッチの注目度、付加価値をより高めていることも事実だ。

 王座初挑戦となる中谷は、昨…→続きを読む


2013年12月27日

土屋が連敗脱出、今年最後を勝利で飾る

土屋が連敗脱出、今年最後を勝利で飾る

 2連敗中の元日本ライト級6位の土屋修平が20日、ノーランカーの高桑和剛(輪島)を相手に再々起戦を行い、2回TKO勝利で2012年9月以来、1年3カ月ぶりに白星を飾った。

 デビュー以来12連続KO勝利で注目されていた土屋だが、今年は2月に上位ランカーの日本ライト級4位・川瀬昭二(松田)に9回TKOで初黒星。7月の再起戦では関西期待の新星で東洋同級11位・中谷正義(井岡)と対戦したが、3回KO負けに散った。
 
 2戦連続KO負けというキャリア最大の挫折の中で、現役続行を決めて挑んだ今回の一戦。対戦相手の高桑は9勝7敗のノーランカー。破れた川瀬や中谷とは実力差があるが、3連敗は絶対に…→続きを読む


2013年12月24日

今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演

今年も大晦日はボクシング 内山ら日本人世界王者4人が競演

 恒例になりつつある大晦日のボクシング興行が今年も行われる。WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(ワタナベ)とWBC同級王者の三浦隆司(帝拳)が東京で、WBA世界Lフライ級の井岡一翔(井岡)とWBA世界ミニマム級王者・宮崎亮(井岡)が大阪でリングに上がる。Lフライ級に階級を上げてノンタイトルマッチを行う宮崎以外はそれぞれ世界タイトルの防衛戦。

 8度目の防衛戦となるKOダイナマイト・内山は、WBA8位の金子大樹(横浜光)と対戦する。金子は11月末に4度防衛した日本王座を返上したばかりで、現在6連続KO勝利中の25歳。金子は内山との一戦は熱望しており、打ち合いが持ち味のKOファイター…→続きを読む


これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎