ボクシングニュース

2018年1月11日

カーンがハーン氏と契約、4.21復帰戦で大物と対戦か

英国のビッグネームの一人、元S・ライト級王者アミール・カーン(写真)が約2年の沈黙を破りリングに復帰する。カムバックにあたり10日(日本時間11日)ロンドンで会見を開いたカーンは、エディ・ハーン・プロモーターが運営するマッチルーム・ボクシングと3試合契約を結んだと発表した。復帰第1戦は4月21日、リバプールのエコーアリーナで行われる。

 カーンは16年5月、ラスベガスでカウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)に6回KO負け。その後何度か復帰の噂が立ち、英国のライバル、ケル・ブルックらが対戦候補に挙がった。しかし具体化することはなかった。ブロックを擁するハーン氏と組んだのはサプライズと受け取られる。

 カーン本人も「(ハーン氏と)いっしょに仕事をするとは予測していなかった。でも世界にショックを起こす。好ましいチームが後ろに控えてくれるので頼もしい。もう一度世界チャンピオンに返り咲いて見せる」と抱負を口にする。

 4月の試合の相手は未定。第2戦の相手にはブルック、統一王者キース・サーマン(米)、エロール・スペンスJr(米)、マニー・パッキャオ(フィリピン)ら大物の名前が挙がっており、一気に勝負をかける気配だ。

【 提供:ボクシングニュース 】


←ボクシングニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎