角海老トップニュース

2015年11月3日

角海老ジム2人のホープ東日本新人王獲得!

3日、東京・後楽園ホールで第72回東日本新人王決勝戦が行われ、9階級18名の選手が鎬を削った。
角海老ジムからはライトフライ級に細谷大希、バンタム級に武田航が出場。両者とも東日本新人王を獲得し、来月20日に行われる全日本新人王決定戦進出を果たした。
なお、1ラウンド28秒で見事なKO勝ちを収めたS•ライト級河野神二郎(宮田)がMVPを獲得。そして技能賞にミニマム級小浦翼(E&Jカシアス)、敢闘賞にS・フェザー級石川元希(M.T)がそれぞれ選ばれている。

◇ライトフライ級5R
△塚田直之(セレス)vs細谷大希(角海老宝石)△
【判定0-1(46-48,47-47×2)】
※細谷が優勢により東日本新人王獲得

互に脚を使い細かくフェイントを掛け合うスピード感ある立ち上がりから、先手を取ったのは細谷。タイミング良く右をヒットさせ、塚田の打ち終わりをジャブで弾く。
塚田も前へ出て思い切りの良い右を放つが振りが大きく、細谷を捉えることができない。
第2ラウンド以降も細谷ペースで試合は進む。前へ出る塚田のパンチを脚で外し空転させ右のカウンター、ジャブからボディーストレートなど出入り鋭く決めていく。塚田も第4ラウンド終盤右ストレートをクリーンヒットさせるも流れを変えることはできない。
しかし互に手数が増えた最終5ラウンド中盤。塚田の右ストレートがカウンターで炸裂。会心のダウンを奪う。
塚田は逆転を期し攻勢をかけるが、細谷は脚を使って立て直し、勝負は判定に委ねられた。
結果は1-0のドローとなったが、全体的に試合の流れを支配した細谷が優勢点で支持を集めた。薄氷の全日本進出を獲得した細谷はこれで5戦4勝(1KO)1分。塚田は10戦4勝(2KO)3敗3分。

◇バンタム級5R
×垣永嘉信(帝拳)vs武田航(角海老宝石)◯
【判定0-3(46-49×2,45-50)】


序盤、互いに様子を伺う静かな立ち上がりからサウスポー武田の右ジャブが冴える。
パンチをステップでかわしたかと思えば踏み込んでジャブ、左ボディーと間合いを支配する武田に対し、垣永は空回り。前に打って出るが振りが大きく、機動力の高い武田を捉えることができない。
中盤までは前に出る垣永を武田が捌くといった展開だったが、第4ラウンドに入ると武田のアグレッシブさが増す。武田は体を柔らかく使い垣永をいなすとコンパクトなワンツーを好打。負けじと垣永も右ボディーを決めるが単発に終わり武田の脚を止めることはできない。
最終ラウンド、垣永は勢い良く手を出し挽回を試みるが空転。最後まで武田を捉えることができず終了のゴングが鳴った。
結果はほぼフルマークで武田に軍配。スキルの差を見せつけた武田はこれで8戦7勝6敗(2KO)1分。垣永は6戦4勝(1KO)2敗。


全試合結果はエビ☆ログに掲載


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎