角海老トップニュース

2015年12月20日

全日本新人王決定戦、武田が新人王獲得!

本日20日、東京•後楽園ホールでは第62回全日本新人王決定戦が行われ、東西のトーナメントを勝ち抜いてきた12階級、24選手が全日本新人王の座をかけ鎬を削った。
角海老ジムからは細谷大希、武田航が参戦。両者とも白熱の5ラウンドを戦い抜き会場を沸かせ、武田が全日本新人王に輝いている。


◇ライトフライ級5R
×細谷大希(角海老宝石)vsユーリ阿久井 政悟◯
【判定0-3(47-48×2,46-49)】

4勝(1KO)1分の細谷対、5勝(2KO)1分ユーリの無敗対決。
開始から中間距離でスピードのあるパンチが交錯し、互いに譲らぬ打ち合いに。そんな中、細谷が右ストレートを好打、またジャブから右ボディストレートなどでやや先行する。
しかし第2ラウンドからは距離が詰まり接近戦へ。そうなるとユーリの土俵。コンパクトで回転の早い連打が細谷を苦しめる。しかし細谷もラウンド中盤に左フックの強打を決めるなど簡単にペースを掴ませない。
第3ラウンド以降もショートレンジでの展開は続いた。細谷がフェイントから左フック、右ストレートを決めるが、ユーリも細かい手数でポイントを重ね、第4ラウンド終盤には右カウンターを決め攻勢を印象づけた。
最終5ラウンドは互いに力を振り絞り打ち合いは更にヒートアップ。細谷がワンツーから左右ボディフックを決めればユーリも右アッパー、ボディフックと一進一退のまま試合終了のゴングが鳴らされた。
結果はジャッジ3者がユーリを支持。接戦を制しユーリが全日本新人王の栄冠を手繰り寄せている。


◇S・バンタム級5R
◯武田航(角海老宝石)vs清瀬天太(姫路木下)×
【判定3-0(48-46,50-45×2)】

長身同士、互いにリードを突き探り合う静かなスタートの中、清瀬が右ストレートで先制。若干動が固いサウスポー武田だったが、ジャブから左ボディストレートを決めると初回1分30秒、ロングレンジから踏み込んだ鮮やかなワンツーを決めダウンを奪う。清瀬にそれほどダメージは見られなかったが、ここから武田の本来の動きが復活。清瀬のパンチをボディーワークでかわし、踏み込み際にコンパクトな連打を決めると第2ラウンド後半には左ストレートで清瀬のアゴを跳ね上げた。
状況を変えようと強引に前に出る清瀬。しかし武田は脚を使って攻撃をいなし細かいヒットを量産する。清瀬も右ストレートをクリーンヒットさせるが単発。流れを変えることはできない。後半に入ってもステップワークの衰えない武田は清瀬の攻撃をことごとくかわし、退がりながら右フック、右へウィービングから左フックなど巧みにクリーンヒットを重ねる。
最終ラウンド、逆転を狙い果敢に前に出る清瀬。武田をロープに詰めて連打を入れるなど見せ場を作ったがそこまで。ジャッジ2者がフルマークをつける大差の判定勝利で武田が全日本新人王を掴み取った。



←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎