角海老トップニュース

2016年1月14日

新年最初の角海老ボクシング 16日に待望の岡田復帰戦

 2016年最初の角海老ボクシングが16日に行われる。メインには昨年夏に右拳を負傷し、10カ月ぶりのリングとなる日本Sライト級王者、岡田博喜が登場、岡田が戦線離脱中に同級暫定王座に就いた中澤将信(帝拳)を挑戦者に迎えた3度目の防衛戦だ。そしてセミは日本ミドル級4位、東洋4位の福本祥馬の移籍デビュー戦と、お年玉よろしく強力カードを揃えてお届けする。

 目玉はなんといっても待望の岡田復帰戦だ。10戦10勝8KOを誇り、無敗のまま一気に日本王座を手にした岡田は現在の角海老のエースと言ってもいい存在。前回3月の外園隼人(帝拳)との一戦を3回TKOで勝利したが、練習中に拳を骨折して戦線離脱。その間に岡田が王座決定戦で判定勝ちを収めた小竹雅元(三迫)との暫定王座戦で小差判定勝利した中澤の挑戦を迎え撃つ。
 試合に向けて岡田は「圧倒して勝ちたい」と完勝宣言、18勝7KO1敗1分とキャリアで勝る中澤を相手に、「お客さんが見て面白い試合」を身上とする岡田が真のチャンピオンとしてどんな試合を見せてくれるのか。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎