角海老トップニュース

2016年7月24日

角海老ボクシング 前日計量終了!

角海老ボクシング・ダブルタイトルマッチの前日計量・検診がJBC事務局で行われ、出場選手12名全員が一発パスに成功した。

メインイベントOPBF東洋太平洋ウェルター級王者統一戦に臨む同級暫定チャンピオン高山樹延(角海老宝石)はウェルター級リミットいっぱいの66.6kgでクリアーした。
「仕上がりはバッチリ。明日はしっかり決める!」と意気込みをコメント。この一戦に向けて追い込んだ練習ができたらしく、心身ともに充実している様子だ。

対する正規王者ジャック・ブルベイカー(オーストラリア)は200gの余裕を持ち66.4kgで秤を降りた。ジャックは明日の試合を前に「日本での試合は次へステップアップするためのチャレンジ。とても楽しみにしている。」と、キャリア初となる日本のリングに対し心境をコメントしている。

セミファイナル日本S・ライト級タイトルマッチ10Rで5度目の防衛戦に臨む王者・岡田博喜(角海老宝石)もまたリミットいっぱい63.5kgでパス。挑戦者同級3位青木クリスチャーノ(駿河)は100gアンダー63.4kgで計量を終えた。
両者ともにコンディションは申し分ない様子。明日は白熱のバトルに期待したい。

その他出場選手の計量結果は以下の通り。

第4試合
ミドル級(72.5kg)8R
福本祥馬(角海老宝石)…72.4kg(-100g)
和田直樹(花形)…72.1kg(-400g)

第3試合
S・フェザー級(58.9kg)8R
緒方勇希(角海老宝石)…58.9kg(リミット)
荒木貴裕(極東)…58.6kg(-300g)

第2試合
ウェルター級(66.6kg) 6R
坂本大輔(角海老宝石)…66.6kg(リミット)
ティアンデーン・チャイヨンジム(タイ)…66.2kg(-400g)

第1試合
S・ライト級(63.5kg)6R
斎藤一貴(角海老宝石)…63.5kg(リミット)
レッカー・オータナキット(タイ)…63.2kg(-300g)

なお、試合は18:00より、BOXING RAISEでライブ中継される。
(月額980円で会員登録が必要)

BOXING RAISE


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎