角海老トップニュース

2013年12月27日

土屋が連敗脱出、今年最後を勝利で飾る

 2連敗中の元日本ライト級6位の土屋修平が20日、ノーランカーの高桑和剛(輪島)を相手に再々起戦を行い、2回TKO勝利で2012年9月以来、1年3カ月ぶりに白星を飾った。

 デビュー以来12連続KO勝利で注目されていた土屋だが、今年は2月に上位ランカーの日本ライト級4位・川瀬昭二(松田)に9回TKOで初黒星。7月の再起戦では関西期待の新星で東洋同級11位・中谷正義(井岡)と対戦したが、3回KO負けに散った。
 
 2戦連続KO負けというキャリア最大の挫折の中で、現役続行を決めて挑んだ今回の一戦。対戦相手の高桑は9勝7敗のノーランカー。破れた川瀬や中谷とは実力差があるが、3連敗は絶対に許されない今の土屋にとってはどんな相手でも油断できない。

 この試合に負けたら間違いなく後がない土屋。しかしその不安は杞憂に終わった。初回からワンツーで攻め立て、早くも狙いすました右をヒットさせてダウンを奪う。2回に入って土屋の動きは堅さが取れて、さらに攻撃力を増すが、高桑もこのままで終わらないとばかりに応戦する。そして土屋が左フックから右のコンビネーションを放ったところで、高桑の左眼の負傷が激しくドクターチェック。試合続行不可能との判断でそのまま土屋のTKO勝利となった。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎