ボクシングニュース

2018年2月20日

比嘉大吾が新記録の16連続KOへ、4.15村田の前座


 WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾(白井・具志堅S)とWBC世界L・フライ級王者の拳四朗(BMB)が19日、都内で記者会見を開き、4月15日の横浜アリーナ「FUJI BOXING」で防衛戦を行うを発表した。当日のメインはWBA世界ミドル級王者、村田諒太(帝拳)がエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を迎えての初防衛戦で、トリプル世界タイトルマッチとなる。


 比嘉は同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)を迎えて16連続KOの日本新記録をかけた3度目の防衛戦。試合間隔はわずか2カ月あまりという強行軍となるが、22歳のKOアーティストは「15連続に並んで比嘉の記憶が消えないうちに記者会見を開いてもらった。16連続はインパクトを残す試合をしたい。倒しにいく」と言い切った。

 具志堅用高会長によると、指名挑戦権を持つ1位アンドリュー・セルビー(英)に対戦を打診したところ「4月に日本には行けない」との返答。2位のロサレスとの対戦が決まった。

 比嘉の1歳年上、23歳のロサレスは26勝17KO3敗。昨年5月に敵地でセルビーと対戦し117-110×2、118-109の大差判定で敗れているが、初回にダウンを奪っており、好戦的なスタイルが持ち味だ。

 比嘉は挑戦者について「手数が多くて、左フックでダウンを奪ったり、KOで勝ったりする試合が多い。そこはしっかり作戦を練っていきたい」と抱負を語った。

【ボクシングニュース http://boxingnews.jp/news/55734/】


←ボクシングニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎