角海老トップニュース

2018年4月8日

源大輝が日本フェザー級新王者

日本フェザー級タイトルマッチが7日、後楽園ホール「第572回ダイナミックグローブ」のメインイベントで行われ、挑戦者1位の源大輝(ワタナベ)が王者の大橋健典(角海老宝石)に7回1分12秒TKO勝ち。大橋は初防衛に失敗した。

 リーチで上回る源が初回から主導権を握った。足を使いながらジャブを上下に打ち分け、左フックも見舞う。2回には左ボディを決めて、ジャブ、右ストレートも次々にヒット。ラウンド終盤、左フックを決めると大橋がグラついた。

 大橋は3回、ジャブで立て直しを図り、右ストレートを決めた。しかしラウンド終盤に源の右がきれいにヒット。大橋は4回もジャブを当てたが、5回に偶然のバッティングで右目じりから出血。その後は打ち合ったものの、5回終了時の採点は49-46×2、50-44で源がリードした。

 優勢の源は6回に好機を作ると、7回にボディ攻撃で大橋の動きを止める。続けて右ストレートを打ち込むと王者が大きく後退。ふらつく王者をレフェリーが救った。

【 提供:ボクシングニュース http://boxingnews.jp/news/56927/ 】


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎