角海老トップニュース

2014年4月2日

岡田博喜インタビュー「チャンピオンの実感まだ」

 3月4日の王座決定戦に勝利して日本Sライト級新王者となった岡田博喜。高校2冠からプロデビュー、7連続KO勝利のままわずか8戦で日本の頂点に上り詰めた角海老の新星に話を聞いた。

――まずは日本チャンピオン、おめでとうございます

「ありがとうございます」

――4日の試合では、階級1位の小竹雅元(三迫)から3回にダウンを奪い、見事判定で下しました。試合を振り返ってみるといかがですか?

「うーん、あまり納得の行く内容ではなかったですね。ちょっと慎重になりすぎました。もっと行けましたね。今まで戦った中では一番強い相手ではあったんですが、ダウンも取って2、3回はグラつかせたし、倒せない相手じゃなかったです」

――タイトルマッチだったことも大きかったんでしょうね

「そうですね。それと途中で採点が公開されたじゃないですか。ポイントでリードしていたことが分かったんで変な話、無理して攻める必要はあまりないと思ってしまった。相手が出てくることも予想できたし、ポイントを取られなければ勝てるだろうと。そういう意識になってしまいました」

――なるほど。でもベルトが懸かっているだけに、内容よりも勝つことを優先するのは当然と言えば当然だと思います。それではチャンピオンになった心境はいかがですか?

「周りが祝福してくれたりして嬉しいですけど、正直あまり実感はないですね。生活は何も変わってないですし、練習をしていても特別意識することはないですね」


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎