角海老トップニュース

2014年4月17日

土屋、試合に負けるも豪州で大きな存在感示す

 オーストラリア・メルボルンで、Sライト級のIBFパンパシフィック、WBOオリエンタル両王座のタイトルマッチに挑んだ日本同級12位の土屋修平は、同国期待のホープでIBF同級9位・レオナルド・ザッパビーニャを相手に激闘を繰り広げた結果、10回タオル投入でTKO負けを喫した。しかし、試合は同国内の年間最高試合候補に挙げられるなど、負けはしたものの初の海外リングで存在感を示した。
 
(試合映像のリンクはこちら→ http://www.dailymotion.com/video/x1lsezi_leonardo-zappavigna-vsshuhei-tsuchiya_sport)

 「なんとアメージングな試合だったことか。レニーと土屋の2人にありがとうと言いたい」

 10回1分半、角海老陣営がタオルを投入すると、オーストラリアの実況アナは感嘆の声を上げた。そして実況が「血みどろの戦争」と評した2人の殴り合いがどれほど壮絶だったかは、試合終了後の両者の顔を見れば一目瞭然だった。土屋の右目はテニスボール大ほどに腫れ上がり、ザッパビーニャの両目の下部はざっくりと切れていた。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎