角海老トップニュース

2014年5月30日

ヘビー級転向の石田順裕、日本2位にランクイン

 JBC(一般財団法人日本ボクシングコミッション)は30日(金)、2014年5月度の日本ランキングを発表し、元WBA世界S・ウェルター級チャンピオン石田順裕(グリーンツダ)をヘビー級2位に認定した。

 石田は先月30日に行われた角海老プロモーション主催興行「KAMIKAZE3」で日本ヘビー級チャンピオン藤本京太郎(角海老宝石)とノンタイトル8回戦で対戦。一気に4階級上げるという前代未聞のチャレンジが大きな話題を呼んだ一戦は小差判定で藤本に軍配が上がったものの、現役日本チャンピオンと互角に渡り合った試合内容が評価され、かねてから要望していたヘビー級の日本ランキング入りが認められた。

 ボクサー人生の集大成と位置付けて臨んだ京太郎戦直後は「ヘビー級王座挑戦は考えてない。最終的には嫁さんに相談して決める」と去就について明言を避けた石田だったが、今後の方針の決定権を委ねられた麻衣夫人は25日に大阪市内で行われた記者会見で「私は勝ったと思った。肉体的に落ちていないし、辞める選択肢はない」と現役続行を命じる強権を発動。同席したグリーンツダジムの本石昌也会長も日本タイトルを懸けて京太郎とリターンマッチを行いたい意向を改めて明らかにしている。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎