角海老トップニュース

2013年10月4日

「第518回ダイナミックグローブ」計量全選手クリア

 明日5日(土)、東京・後楽園ホールで開催される「第518回ダイナミックグローブ」の公式計量が4日、東京・水道橋のJBC事務局で行われ、出場全12選手共に規定体重をクリアしました。

 メインイベントでOPBF東洋太平洋ライト級王座の初防衛戦に臨むチャンピオン加藤善孝(角海老宝石)は着用していたボクサーパンツを脱ぐよう命じられるハプニングはあったものの、抜かりのない調整に励んできた二冠王に焦りの色は全く見られず、リミットの61.2kgで難なく一発パス。一方の挑戦者同級1位レイ・ラバオ(フィリピン)は、600gアンダー(60.6kg)と大分余裕をもたせてクリア。万全な体調を印象付けた両者は健闘を誓う握手を交わすなど、終始和やかな雰囲気が漂う中で滞りなく計量を終えました。

 対照的に早くも戦いの火蓋が切って落とされたような緊張感に包まれていたのは、セミファイナルで日本ウェルター級王座を争うチャンピオン高山樹延(角海老宝石)と挑戦者同級12位のコブラ諏訪(ピューマ渡久地)。こちらも互いにリミットの66.6kgで規定体重をクリアし、明日の決戦に駒を進めました。

 また第4試合で移籍初戦を行う前OPBF東洋太平洋S・バンタム級チャンピオン(現日本同級3位)小國以載(角海老宝石)もリミットの55.3kg、対する日本同級4位・岩﨑悠輝(新開)も同じくリミット一杯でパスしました。

 その他、第1~3試合に出場する選手の体重は以下の通りです。

◇第3試合/フェザー級8R
大橋 健典(角海老宝石):57.1kg
vs高橋 謙太(協栄):57.1kg

◇第2試合/ミニマム級4R
市川 雅之(角海老宝石):47.6kg
vs山口 隆司(スパイダー蓮浄院):47.6kg

◇第1試合/S・フライ級4R
武田 航(角海老宝石):52.1kg
vs高橋 竜平(横浜光):52.1kg
※高橋は2度目の計量でパス

【当日券】午後4時から青いビル(後楽園ホール)1Fの黄色いボックスで販売。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎