角海老トップニュース

2014年6月12日

13日(金)発売 「ボクシング・マガジン7月号」で角海老宝石ジム特集

 13日(金)に発売される「ボクシング・マガジン7月号」(ベースボール・マガジン社)で「角海老宝石ジム“黄金期”への予感」と題した3ページの特集記事が掲載されます。

 現在日本王座に君臨する4選手、加藤善孝(ライト級)、高山樹延(ウェルター級)、藤本京太郎(ヘビー級)、岡田博喜(S・ライト級)と、鈴木眞吾会長、佐藤直樹トレーナー、阿部弘幸トレーナーの証言をもとに、手前味噌で大変恐縮ではありますが、2000年代中盤以来となる第二次黄金期の到来を目指すジムの強さの秘訣に迫るという読み応え十分の内容。今回は選手が主役というよりは、加藤と岡田をプロデビュー時から育成し、高山を含めた3人のチャンピオンを指導する佐藤トレーナーを中心とした指導者陣の考え方やジムの方針に力点を置いた切り口となっています。ボクシングファンの皆様に是非ともご一読いただければ幸いに存じます。定価930円。最寄りの書店、またはインターネットでお買い求め下さい。

ボクシング・マガジン2014年7月号


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎