角海老トップニュース

2014年8月8日

“雑草魂”十二村喜久、無念の6回負傷判定に退く・・・

 8日(金)、東京・後楽園ホールで開催された戸髙秀樹ジム主催興行「第19弾ザ・グレイテストボクシング」のセミファイナルで行われた日本ランカー対決、十二村喜久(角海老宝石)vs有川稔男(川島)の68.2kg契約8回戦は日本ウェルター級11位の有川が、3度王座に挑戦した実績を持つOPBF東洋太平洋同級10位(日本S・ウェルター級7位)の十二村を6回1分5秒負傷判定で破る結果となった。スコアは58-57が二者、残る一者が59-55で三者ともに有川を支持していた。

 4月に坂本大輔(角海老宝石、現日本ウェルター級8位)に敗れて以来の再起戦を飾り、OPBF東洋太平洋ランキング入りを濃厚にした有川は13戦9勝(7KO)4敗。十二村は31戦17勝(5KO)10敗4分となった。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎