角海老トップニュース

2014年9月10日

日本ヘビー級王者・藤本京太郎、再挑戦の竹原虎辰を圧倒し、5RTKO勝ち!

 10日(水)、東京・後楽園ホールで開催された角海老プロモーション主催興行「KAMIKAZE4」のメインイベント、日本ヘビー級タイトルマッチ10回戦はチャンピオン藤本京太郎(角海老宝石)が挑戦者同級1位・竹原虎辰(緑)に5回44秒TKOで完勝を収め、2度目の王座防衛に成功した。

 昨年11月以来の再戦は、最初の3分間を偵察に費やした京太郎が2Rからペースアップ。戦前のKO宣言通り、積極的にパンチを繰り出して、右ストレートで竹原からクリーンヒットを奪うと、再び叩き込んだ強烈な右で竹原のヒザを落とすチャンスを作る。その後も竹原の入り際に的確な左フック、力強いボディも決めて完全に主導権を握った京太郎は続く3Rも左フックから右のコンビネーションで竹原をグラつかせるビッグチャンスを演出。すかさず竹原をコーナーに追い詰めて猛攻に出ると、レフェリーは防戦一方に追い込まれた竹原にスタンディングカウントを数え上げた。4Rも京太郎はロープ際で右カウンターを痛打、一気に逆サイドのロープまで竹原を押し返してみせたが、劣勢の竹原も右ストレートで反撃を試み、左右フックをヒットして場内を沸かせてみせた。しかし、2Rに京太郎のヒッティングで左目上をカットした竹原の傷口は悪化し、5R開始直後にドクターチェック。一度はレフェリーも試合続行を命じたものの、程なくして2度目のドクターチェックが入り、京太郎のTKO勝利が宣告された。

 9ヵ月前に苦しめられた挑戦者を一蹴し、3試合ぶりのKO勝利で戦績を11戦10勝(6KO)1敗に伸ばした京太郎はアナウンサーに差し向けられたマイクを自ら握りしめ、「僕の試合(の日は)3回連続で雨になっちゃいましたけど、皆さんに勝利をプレゼントすることができて良かった」と感謝を述べた後、4月に対戦した元WBA世界S・ウェルター級暫定チャンピオン石田順裕(グリーンツダ)との再戦について尋ねられると「ここからは対外国人選手でやっていきたい」と偽らざる心境を口にした。竹原は23戦10勝(4KO)10敗3分。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎