角海老トップニュース

2014年9月16日

藤本がV2、石田も再起戦に勝利

 日本ヘビー級王者・藤本京太郎(角海老宝石)が10日、同級1位の竹原虎辰(緑)を5回TKOで下し、2度目の防衛に成功した。

 昨年11月に行われた初防衛戦でも藤本は竹原と対戦して判定勝利を収めていたが、今回はKO狙いで積極的に攻めて出た。2回に竹原の左目上を切り裂く右の強打をヒットさせてヒザを揺らせると、3回には右の強打からのラッシュでダウンを奪った。そして5回が始まると竹原の傷口にレフリーチェックが入り、その後2度目のチェックでレフリーが試合を止めた。

 一方、元WBA世界Sウェルター級暫定王者でヘビー級に転向し、今年4月に藤本とノンタイトルで対戦して僅差判定負けを喫した同級2位・石田順裕(グリーンツダ)は14日、フランスのダビド・ラデフと再起戦を行い、お互い決定打は繰り出せなかったものの、ジャブ、ワンツーを軸に手数で勝り、終始試合のペースを握った石田が3-0の判定勝利を挙げている。

 藤本は世界挑戦を目指して「今後は外国人選手と」との方針を示しているが、藤本との再戦を希望する石田はこのままで行くと階級1位に昇格する見通し。4度の世界挑戦の経験を持ち、ラスベガスでの試合経験もある石田とのタイトルマッチであれば、国内のヘビー級戦線を盛り上げる起爆剤にもなる可能性がある。前戦が僅差判定に終わっただけに、石田との再戦にも期待したい。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎