角海老トップニュース

2014年11月11日

12・18「DANGAN118」で日本ヘビー級王者・藤本京太郎がダビド・ラデフと無冠戦

 プロボクシング興行「DANGAN」を運営するビータイトプロモーションは11日(火)、公式フェイスブック上で12月18日に予定する「DANGAN118」(東京・後楽園ホール)の開催概要を発表し、日本ヘビー級チャンピオン藤本京太郎(角海老宝石)がセミファイナルでダビド・ラデフ(フランス)とノンタイトル8回戦を行うことを明らかにした。

 キックボクシングの元世界チャンピオンという経歴を持つラデフは1981年12月11日生まれの34歳(試合時)。2009年11月からキャリアをスタートさせた国際式の戦績は15戦5勝(2KO)8敗2分と大きく負け越しているものの、マイナー団体のUBO(ユニバーサル・ボクシング・オーガニゼーション)インターナショナル・クルーザー級王座を保持。今年9月には大阪のボディメーカーコロシアム第二競技場で石田順裕(グリーンツダ、現日本ヘビー級1位)と拳を交え、8R判定負けに退いている。

 なお、同興行のメインイベントは1位のデニス・ローレンテ(フィリピン)と4位の湯場忠志(都城レオスポーツ)が激突するOPBF東洋太平洋S・ウェルター級王座決定戦。他にも元日本S・バンタム級チャンピオン芹江匡晋(伴流)vs元日本バンタム級1位・臼井欽士郎(横浜光)のS・バンタム級8回戦、松尾雄太(国際)vs日本フライ級11位・堀陽太(横浜光)のフライ級8回戦、眼疾を完治させて1年5ヵ月ぶりの復帰戦に臨む2012年全日本フライ級新人王・長嶺克則(マナベ)が昨年の全日本フライ級新人王・大保龍斗(横浜さくら)と対戦するフライ級8回戦など、アンダーカードも全てがメインイベントクラス!!

 ボクシング界の革命児「ビータイトプロモーション」が熱いボクシングファンに捧げるクリスマスプレゼント的興行「DANGAN118」にどうぞご期待下さい。

プロボクシングイベント「DANGAN」公式サイト


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎