角海老トップニュース

2014年12月17日

「DANGAN118 計量」 藤本京太郎は104.7kg

 明日18日に東京・後楽園ホールで開催されるビータイトプロモーション主催興行「DANGAN118」の公式計量が17日(水)午後、都内のJBC本部事務局で行われ、セミファイナルのノンタイトル8回戦に出場する日本ヘビー級チャンピオン藤本京太郎(角海老宝石)は104.7kgを計測した。

 昨晩「YouTube」で対戦相手のダビド・ラデフ(フランス)の試合をチェックしたという京太郎は午後1時30分頃に会場入り。約15分後にラデフが到着した際には求めてきた握手に快く応じ、ワンピースのTシャツとロンズデールのスウェットパンツを着用したまま秤に上がった。

 今年9月に大阪で行われた石田順裕戦(グリーンツダ)に続いて2度目の来日となるラデフは恋人を同伴して計量に臨み、こちらは95.0kgでパス。石田戦と比較すると、約4kgほど増量してきたことになるモヒカンヘアーが特徴的な34歳のラデフはマイナー団体のUBO(ユニバーサル・ボクシング・オーガニゼーション)インターコンチネンタル・クルーザー級王座を保持した経歴を持つが、戦績は15戦5勝(2KO)8敗2分と負け越しているだけに「とりあえず(実力差を見せつけて)勝たないといけない試合」と語る京太郎は「一発に気をつけて、中盤までに倒せればベスト。この3ヵ月間練習してきたパンチをいろいろと試しながら、楽しくやりたい」と今回の調整試合のテーマを掲げた。

 またメインイベントで空位のOPBF東洋太平洋S・ウェルター級王座を争う同級1位のデニス・ローレンテ(フィリピン)は69.1kg、同級4位の湯場忠志(都城レオスポーツ)は69.7kgで両者とも一発パスに成功。前人未到の日本5階級制覇王者・湯場が勝利を収めると、キャリア58戦目で東洋太平洋王座初戴冠となる。

プロフェッショナルボクシングDANGAN公式サイト
YouTube 「DANGAN」公式チャンネル 藤本京太郎インタビュー
YouTube 角海老宝石ジム公式チャンネル 「藤本京太郎練習とコメント」
角海老宝石ジム公式ブログ「ヘビ飼うヘビー級王者「DANGAN」初参戦!!」


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎