角海老トップニュース

2014年12月19日

加藤善孝がWBCライト級15傑に復帰

 アメリカ・ネバダ州ラスベガスで14日(日本時間15日)から「第52回コンベンション(年次総会)」を開催しているWBC(世界ボクシング評議会)は2014年12月のランキングを発表し、6日にWBC世界ライト級12位・荒川仁人(八王子中屋)とのラバーマッチを10回判定で制した日本ライト級チャンピオン加藤善孝(角海老宝石)をライト級14位に認定した。

 世界挑戦の資格を有する15傑復帰を果たした加藤は「来年は世界タイトル戦線に絡んで行けるように着々とレベルアップを図っていきたいと思います」とコメント。次戦の日程と対戦相手は現在のところは決まっていないが、既に15日からジムワークを再開。早くも佐藤直樹トレーナーと熱のこもったミット打ちを始めている。

 また同じく6日にIBF世界S・バンタム級11位の石本康隆(帝拳)を10回判定で破って日本同級王座に就いた小國以載(角海老宝石)は先月の同級12位から10位に上昇。18日にダビド・ラデフ(フランス)とのノンタイトル8回戦で判定勝利を収めた日本ヘビー級チャンピオン藤本京太郎(角海老宝石)は同級19位にランクされた。

 なお、来年予定の「第53回コンベンション」は中国・昆明で開催される。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎