角海老トップニュース

2015年1月9日

【2014年12月度 日本ランキング】今回も19選手が顔を揃える

 JBC(一般財団法人日本ボクシングコミッション)は7日(水)、2014年12月度のランキングを発表した。

 今回も3名のチャンピオンを含めたランカーの総数は19選手を数え、前月比で増減はなかったが、日本ライト級チャンピオン加藤善孝が2015年1月7日付で王座返上届を提出(同級4位)。6日に行われた「第532回ダイナミックグローブ/チャレンジスピリットシリーズvol.39」で難敵・石本康隆(帝拳)とのクロスゲームを制した小國以載が入れ替わる形でスーパー・バンタム級チャンピオンに昇格した。また杉崎由夜がライト級2位、長島謙吾がスーパー・ウェルター級2位に浮上し、大きな様変わりを見せた。角海老宝石ジム所属選手の日本ランキングは下記の通り。

■フライ級【C:村中 優(フラッシュ赤羽)】
 阪下 優友:12位(→)
■スーパー・フライ級【C:石田 匠(井岡)】
 中川 勇太:11位(↑)
■スーパー・バンタム級
 小國 以載:チャンピオン(↑)
 久永 志則:6位(↑)
 青木 幸治:8位(↑)
■フェザー級【C:細野 悟(大橋)】
 関 豪介:5位(↓)
 緒方 勇希:6位(↓)
■ライト級【C:空位】
 杉崎 由夜:2位(↑)
 加藤 善孝:4位(2015年1月7日付けで王座返上)
 土屋 修平:12位(↓)
■スーパー・ライト級
 岡田 博喜:チャンピオン(防衛1)
■ウェルター級
 高山 樹延:チャンピオン(防衛4)
 坂本 大輔:6位(↑)
 糸山 良太:8位(→)
 今野 裕介:11位(→)
■スーパー・ウェルター級【C:野中 悠樹(渥美)】
 長島 謙吾:2位(↑)
 下川原 雄大:3位(↑)
 十二村 喜久:7位(→)
■ヘビー級
 藤本 京太郎:チャンピオン(防衛2)


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎