角海老トップニュース

2015年1月22日

4・19六島ジム主催興行に冨山浩之介と細川バレンタインが参戦!!

 六島ジムは22日(木)、4月19日(日)に大阪・住吉区民センターで開催する同ジム主催興行「You will be the champion Ⅲ」のアンダーカードに出場する日本フライ級9位・向井寛史(六島)とジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)の対戦相手を公式ホームページ上で発表した。

 セミファイナルに登場する向井は日本バンタム級5位・冨山浩之介(ワタナベ)と55.0kg契約8回戦で激突することが決定。09年4月に当時のWBA同級王者・名城信男(六島)に挑戦し、8回逆転TKO負けでベルト奪取はならなかったものの、2度のダウンを奪う大健闘を演じた元OPBF東洋太平洋S・フライ級王者・冨山は1983年4月17日生まれの31歳。32戦24勝(8KO)7敗1分の戦績を誇り、一昨年7月にはマカオでWBOアジア太平洋S・バンタム級王座、昨年8月には益田健太郎(新日本木村)の持つ日本バンタム級王座にも挑戦した実力者。名城戦以来となる2度目の大阪登場に捲土重来を期す。迎え撃つ29歳のサウスポー向井は77戦51勝26敗のアマチュア戦績を残した後、08年9月にプロ転向。2011年12月にWBC世界フライ級王座、13年11月にもWBC世界S・フライ級王座に挑戦した経歴を持ち、現在まで15戦10勝(1KO)3敗2分の戦績を残している。世界挑戦経験者同士による対決は、まさに生き残りをかけた熾烈な争いになる。

 珍名リングネームでも話題を集める2013年全日本S・ライト級新人王のジャンボ織田は、日本S・ライト級5位の細川バレンタイン(宮田)との8回戦を敢行。ナイジェリア人の父と日本人の母を持ち、昼は大手外資系銀行に勤務する異色ボクサーの細川は81年4月16日生まれの33歳。08年の全日本ライト級新人王に輝くと、13年2月に日本S・ライト級王者の岩渕真也(草加有沢)、同年8月にも韓国・ソウルでOPBF東洋太平洋同級王者・金民旭(韓国)に挑戦した経験を持つ。身長は163cmと小柄ながらも筋骨隆々な肉体を武器とする右ボクサーファイターで戦績は25戦18勝(9KO)4敗3分。2006年12月のプロ3戦目以来、8年4ヵ月ぶりに敵地・大阪に乗り込む。

六島ボクシングジム公式ホームページ


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎