角海老トップニュース

2015年2月9日

フジテレビNEXT「LIVE!ダイヤモンドグローブ2015」 9日(月)午後7時から生中継

 9日(月)、東京・後楽園ホールで開催される「ダイヤモンドグローブ/DANGAN121」(ビータイトプロモーション主催)がフジテレビNEXTの「LIVE!ダイヤモンドグローブ2015」で午後7時から生中継される。

 メインイベントは「第36回チャンピオンカーニバル」の開幕戦。11戦全勝(5KO)の日本S・フェザー級チャンピオン内藤律樹(E&Jカシアス)が17戦16勝(7KO)1分の同級1位・伊藤雅雪(伴流)の指名挑戦を受ける。V3戦となる内藤はこの無敗対決に臨むにあたって角海老宝石ジムへ出稽古に訪れ、日本S・ライト級チャンピオン岡田博喜(角海老宝石)、日本ウェルター級チャンピオン高山樹延(角海老宝石)、日本ライト級12位・土屋修平(角海老宝石)などとスパーリングを精力的に消化。元より定評あるアウトボクシングはより磨きがかかった模様だ。しかし、伊藤の勢いとパワーが内藤の技巧を凌駕する可能性も十分。まだ底を見せていないチャンピオンと挑戦者が繰り広げる濃密な攻防は必見中の必見だ。

 セミファイナルはIBF世界S・フライ級13位の翁長吾央(大橋)がブレイロール・テラン(ベネズエラ)と対戦する116P契約8回戦。2012年10月以来2度目の後楽園ホール登場となるテランは前回、現日本S・フライ級11位の中川雄太(角海老宝石)から2回にダウンを奪った末、6回判定勝ちを収めている24戦13勝(6KO)10敗1分の29歳。昨年5月にメキシコのティファナでデビッド・サンチェス(メキシコ)と空位のWBA世界S・フライ級暫定王座を争い、三者のジャッジともに116-111と採点する12回判定負けに退いたが、それまで8連勝をマーク。その間、WBAフェデボル・WBAフェデラテン王座(ともにS・フライ級)を獲得している。またラテン陣営には、現役時代に軟体動物のようなボディワークを駆使してWBC世界L・フライ級とWBA世界フライ級の2階級を制覇したイラリオ・サパタ氏(パナマ)が帯同。往年のテクニシャン、サパタ氏のセコンドワークにも注目だ。

 そして八王子中屋ジム期待の新鋭、日本S・フライ級9位(OPBF東洋太平洋バンタム級12位)鈴木悠介対星野晃規(M.T)の8回戦も放送される。

フジテレビNEXT「LIVE!ダイヤモンドグローブ2015」番組公式サイト


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎