角海老トップニュース

2015年5月18日

7・4「第539回ダイナミックグローブ」で岡田博喜が小竹雅元とリマッチ!

 日本S・ライト級チャンピオン岡田博喜(角海老宝石)が7月4日(土)に東京・後楽園ホールで開催予定の「第539回ダイナミックグローブ」のメインイベントで、同級7位・小竹雅元(三迫)を挑戦者に迎え、3度目の防衛戦を行うことが18日(月)に決まった。

 ランキング2位の岡田が3回にダウンを奪った末、1位の小竹を10回3-0の判定で破り、空位の日本S・ライト級王座に就いた昨年3月の決定戦以来となる両者の再戦。初防衛戦で小竹と同門のシャムガル興一(三迫)と死闘を演じ、初の月間最優秀選手賞に輝いた今年3月の外園隼人(帝拳)との流血戦を3回TKOで制した“ボクシング界のレインメーカー”岡田は「第36回チャンピオンカーニバル」大会敢闘賞に選出されるなど、充実一途を辿るが、福島県会津若松市出身のサウスポー小竹も前回の雪辱を期して、十二分な対策を練り上げてくることは想像に難くないだけに、今回の白熱した攻防が繰り広げられることが予想される。OPBF東洋太平洋王座へのステップアップを今後の目標に掲げる岡田は、この1年4ヵ月間で蓄えた上積みを挑戦者に示すことができるのか!!是非、会場で御覧下さい。

 またセミファイナルには日本ウェルター級5位・坂本“D”大輔(角海老宝石)が出陣。同10位・田中亮治(ヨネクラ)とランカー対決を敢行する他、第5試合では日本S・フライ級10位の中川勇太(角海老宝石)と岡畑良治(セレス)が55.0kg契約8回戦で激突。第4試合は日本ライト級11位・土屋修平(角海老宝石)vs相馬一哉(一力)の8回戦(契約ウェイトは近日発表)、第3試合は日本S・バンタム級13位の久永志則(角海老宝石)vs元日本バンタム級6位・藤原陽介(ドリーム)のS・バンタム級8回戦と、アンダーカードにも角海老宝石ジムの日本ランカー陣が大挙参戦。東日本新人王予選2試合を含めた全7試合が組まれた。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎