角海老トップニュース

2015年5月26日

岡田博喜が「第36回チャンピオンカーニバル」 敢闘賞の栄誉に輝く!!

 26日(火)、東京・後楽園ホールで「第36回チャンピオンカーニバル三賞表彰式」が行われ、日本S・ライト級チャンピオン岡田博喜(角海老宝石)に大会敢闘賞が贈呈された。
 
 岡田は3月7日の「第535回ダイナミックグローブ」でトップコンテンダーの外園隼人(帝拳)を3回TKOで撃破し、2度目の王座防衛に成功。2015年3月の月間最優秀選手賞を獲得するとともに、角海老宝石ジムの選手としては2007年に小堀佑介(当時日本S・フェザー級チャンピオン)が大会MVPに輝いて以来の「チャンピオンカーニバル」三賞受賞の栄誉に浴した。なお既報の通り、岡田の次戦は7月4日(土)、東京・後楽園ホールに同級7位・小竹雅元(三迫)を迎えて挙行される予定。

 また同日に開催されたビータイトプロモーション主催「DANGAN129」の第5試合、S・バンタム級5回戦に出場した小池信伍(角海老宝石)は、2013年東日本新人王バンタム級準優勝の実績を持つ横山一喜(古口)からダウンを奪った末、初回1分49秒レフェリーストップによるTKO勝ちを収め、2015年「DANGAN」B級トーナメント優勝を手にした。2011年10月のデビュー以来、プロ10戦目で初の勲章を掴んだ小池は8勝(4KO)2敗。既にB級で3勝をマークしており、次戦はA級選手としてリングに上がる。同じくプロ10戦目の横山は7勝(5KO)3敗。


←角海老トップニュース一覧に戻る

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎