角海老宝石ボクシングジム

Boxing Newsボクシングニュース

  • 2017年11月9日
  • 正規か暫定か? 勝者は。。。

今月7日後楽園ホールで日本ウェルター級暫定王者・坂本大輔が正規王者・有川稔男と王座統一戦を行った。
両者は14年4月に対戦し1RKOで坂本が勝利している。

1R体格で勝る有川がジャブで距離をはかる 坂本は避けながら懐へ飛び込むが右クロスを浴びてしゃがみ込んでしまう ここはレフリーがスリップと判断 しかしダメージを受けてしまう。
2R右を狙う有川にラウンド終盤、坂本の右フックがヒット。
3R、どちらが倒れてもおかしくない状態の中こんどは有川の右がヒット。
場内には「サカモト」コールが鳴り響く。
4R有川の右をもらい坂本が揺れる。 ここはなんとか凌ぐが5Rまたも有川の右がハードヒット。
これで坂本の左目上が激しく切り裂かれた。
出血が激く、直ちにドクターチェック。
続行不能と判断したレフェリーがここで試合を止めた。

ヒッティングによる負傷のため有川のTKO勝ちがコールされた。

これにより有川が王座統一。
坂本は試合後グローブを吊るす意向を示した。

◇日本ウェルター級王座統一戦10回戦
○正規王者:有川 稔男(川島) VS ×暫定王者:坂本 大輔(角海老宝石)
【負傷TKO5R(1分42秒)】

有川 稔男(川島)
19戦15勝(13KO)4敗

坂本 大輔(角海老宝石)
26戦14勝(8KO)9敗3分


カドエビボクシングContents
Ticketチケット情報
Movie角海老ムービー館
Photo角海老写真館
Comic角海老コミック
ボクシングコラム
エビ★ログ
ジム概要
練習生募集
JBCランキング
サイトポリシー
お問い合わせ