角海老宝石ボクシングジム

MediaNewsメディア情報

  • 2018年1月2日
  • FUJI BOXING 2017~アナザーエディション~

2018年1月6日(土) BSフジ 23:00~23:55

 2017年12月30日、神奈川県・横浜文化体育館で開催されるボクシングダブル世界戦『FUJI BOXING2017』。フジテレビ系地上波では、モンスター・井上尚弥のV7戦、拳四朗V2戦を中心に放送される。しかし、この世界戦にはアナザーカードも見どころの多い試合が並ぶ。

 1つは、ロンドンオリンピックバンタム級銅メダリストの清水聡が、OPBF(東洋太平洋)フェザー級の初防衛に挑む。清水は日本最速タイ記録となるプロ4戦目でベルトを奪取。しかも全戦KO勝利というオリンピックメダリストらしい離れ業をやってのけた。来年へ弾みをつけるためにも、この試合もKO勝利を収めたい。
また井上尚弥の弟で元OPBF(東洋太平洋)スーパーフライ級王者の井上拓真(大橋)と元日本バンタム級チャンピオンの益田健太郎(新日本木村)のノンタイトル戦にも注目だ。

拓真は昨年秋に右拳を痛め、年末に行われる予定だった初の世界戦が中止となった。今年8月に後楽園ホールで行われた復帰戦では打撃戦を制し、判定の末3-0で勝利を飾った。モンスターの遺伝子を受け継ぐ男が、来年に向けて更なる飛躍を目指す!


◇OPBF(東洋太平洋)フェザー級タイトルマッチ12回戦
王者:清水聡(大橋)4戦4勝(4KO) 31歳
VS
挑戦者(14位)エドワード・マンシト(フィリピン)24戦15勝(9KO)7敗2分 25歳

◇54.0kg契約10回戦
WBC世界バンタム級9位 井上拓真(大橋)9戦9勝(2KO)21歳
VS
元日本バンタム級チャンピオン 益田健太郎(新日本木村)35戦27勝(15KO)8敗 34歳

【 情報提供:BSフジ 】


カドエビボクシングContents
Ticketチケット情報
Movie角海老ムービー館
Photo角海老写真館
Comic角海老コミック
ボクサーサポート
エビ★ログ
ジム概要
練習生募集
JBCランキング
サイトポリシー
お問い合わせ