HOME > トレーナー紹介 > 木内 勲

トレーナー紹介

トレーナー
これまでに8階級でチャンピオンを育成
教えている時とオフの時のギャップが激しい

木内 勲 Isao Kiuchi

木内 勲

TrainerColumn

「うるさいなあ!木内さんはちょっと黙っててよ!」
木内勲トレーナー(48)と日本フェザー級王者の榎洋之の練習風景はまるで掛け合いの漫才を見ているようで面白い。ミット打ちともなれば怒号混じりの掛け声で選手を煽り、実戦さながらの激しさで「パン!パン!」と快音をジムに響かせる。木内トレーナーは過去8階級で、最近引退した3階級制覇の前田宏行、中島吉謙を含む計6人の東洋・日本チャンピオンを育て上げ、田中栄民チーフトレーナーと並ぶ角海老ボクシングジムのチャンプメーカーだ。 ところがプライベートでは、練習時と違って言葉は少ない。「俺、こういうの苦手なんで」と言いながらも、木内氏は時折照れ笑いを浮かべながらぽつりぽつりと自分の事を話してくれた。。

木内 勲

「18の時に友達がみんなボクシングをやってて、なんとなく自分も始めただけ。別にボクシングが好きとかってのは全くなくて……。高校出て喫茶店とかでバイトしながら夜ジムで練習するっていう程度の話ですよ」 木内氏は素っ気なく語る。生まれは墨田区向島だが、当時は合羽橋に住んでいたため、近くにあった角海老ボクシングジムに入門したそうだ。その年の6月にジムが設立、9月に入門したということだから、実に角海老ボクシング歴は30年に及ぶ。それでも木内氏はボクシングに対する思い入れはさほどないと言う。

「ボクサーとしても強くなかった。1年やってプロテストに受かったけど、初戦はKO負けだし。で、俺22歳で一度やめたんですよ。将来の事を一応考えて、今やってる魚の卸業を始めたんです。でもその後4回戦で終わるのはかっこ悪いってことで、25歳で角海老戻って一応6回戦まで行ったんでそれを区切りに辞めました。戦績は確か4勝7敗だったかな」

今思い返せばボクシングにずっと携わって生きていくとは思ってもみなかった。トレーナーになったのも成り行きだったという。「俺、貧血気味でよくスパーリングなんか見ててぶっ倒れることが多かったんですよ。そうしたら社長が心配して『お前辞めた方がいいよ。トレーナーでもやれば』って言われて、『じゃあ、はい』って。情熱みたいなもんがないから長く続けられてるってのもあるんじゃないですかね」

木内 勲

トレーナーの仕事についても、「体が痛くて何度もやめようと思った」と言う。 木内氏は現在茨城県在住。自営でやっている魚屋の仕事があるため朝は4時に家を出て、築地で仕入れをした後に取引先に配達、仕事を終えてから昼過ぎにジムに行くという生活。特に今年4月のチャンピオンカーニバルでは、担当していた榎、前田、中島の3選手のタイトル戦があったため心底辛かったという。

「本気で死ぬかと思いましたよ。1カ月の間にタイトル戦が3つですよ。ジムに行く時なんてこのまま逃げちゃおうかと思ったくらい」と愚痴をこぼす。しかし、それでも3戦ともしっかり勝利を収めているのだから流石と言わざる得ない。いくらボクシングに深い思い入れはないと言いながらも、木内氏が名トレーナーであることは誰の目にも明らかだ。そして仕事に関しても絶対に手は抜かない。その手腕は前田、中島選手が引退後に「木内さんじゃなかったら続かなかった」と口を揃えるほどだ。

「性格かもしれないけど、俺は自分が前に出ていくタイプのトレーナーじゃないんですよ。黒子に徹するから。結局試合をするのは選手なわけだから、なるべく選手の意向は尊重してあげる、ってことが指導方針かもしれない。後はこっちも練習は本気で付き合ってあげること。ミット打ちなんて本当に激務だけど、俺は体張ってやりますよ。こっちだって一生懸命やってんだから、お前も一生懸命やれってなるでしょ」

木内 勲

今まで育てたチャンピオン6人は入門当時から見てきた。前田、中島選手も然り、今担当している榎選手、木嶋安雄選手(日本バンタム級1位)も同様だ。「やっぱり選手が勝てば嬉しいし、勝たせてやるのが俺の仕事だし。でもね、結果だけの世界だからこの仕事が嫌になる時があるんですよ。負けた選手を見るのは本当にやりきれない。だから俺はKOを狙ったりしなくても地味でもいいから負けないボクシングをすればいいと思ってるんです。負けるのが俺も一番恐いし辛いから」 長い付き合いのある選手の話となれば、さすがの木内氏だって感情的になる。選手を思いやる気持ちがその言葉の節々からかいま見える。


「榎なんかは我が強いから俺じゃないと扱えないと思う。ホント言うこと聞かないからね。いつも文句言い合いながら練習してるけど、実はああ見えてあいつは繊細な所もあるんですよ。まだ無敗だから、いつも『もし負けたら……』っていう恐怖心と戦ってる。だから可哀想に思うところもありますよ」

折しも来年1月には榎選手がタイの同級東洋太平洋7位デンクタシン・ソーンキラノイナイ選手と東洋太平洋タイトル戦、2月には木嶋選手 が日本バンタム級王者のサーシャ・バクティン選手と日本タイトル戦を 行うことが決まった。木内氏は「榎はここまで来たら最終的には世界をやらせてやりたい。俺も世界チャンピオンを作ってみたいって気持ちもあるし。木嶋はもう15年近い付き合いだし、サーシャ強いけど獲る気でやりますよ。そろそろサーシャには一泡吹かせてやんねえと」と歯切れ良く話してくれた。

下町育ちの不器用な親父、そんな表現がぴったりくる木内氏。本人は否定するかもしれないが、トレーナー業を『仕事だから』とぶっきらぼうに言い切るのも、実は照れ隠しのような気がしてきた。


-プロフィール-
生年月日:1957年9月1日
出身地:東京都
ボクシング歴:年
トレーナー歴:1984年~
担当した代表的な選手:前田宏行、中島吉謙、榎 洋之、木嶋安雄、坂本大輔
好きなボクサー:
指導方針:基礎からじっくりと
目標:

[取材・文:野口弘宜]

これが角海老ジムだ!PV[拡大]

出稽古歓迎