角海老宝石ボクシングジム

ニュース

明日激突!新人王決勝戦

  
pict
pict
pict
2018-11-03
明日東京、後楽園ホールで第75回東日本新人王決勝戦が行われる。
角海老宝石ボクシングジムからはスーパーライト級(63.5kg)で星大翔が出場。

星大翔は中学2年生でキックボクシングのアマチュア世界大会優勝後
角海老宝石ボクシングジムでボクシングに転向
高校2年にはインターハイベスト16の実績を残した。

大学生入学後のプロデビュー戦では3度ダウンを奪う快勝。

ジム内での評価も高く翌年に出場した新人王戦では優勝が予想されていた。
1回戦は対戦相手が不慮の事故により試合中止。
9月に迎えた準決勝では土田 佑一(協栄札幌)と対戦した。
1Rからサウスポーの土田に対し
得意の右ストレートで攻め立てるとダウン寸前まで追い詰めた。

しかし2R土田の狙いすました右フックが星に直撃。
地面に吸い込まれるようにダウン。
ここはなんとか立ち上った星だったが
土田の猛攻を振り切ることができず、腰が落ちたところでレフェリーに抱えられた。
エリート街道は2戦目にして断たれたが星はすぐに再起を決意。
その後2月に再起戦を行ったがここも前半リードするも後半押し込まれ判定はドロー。
プロの厳しさを知った星はボクシングだけでなく体幹トレーニングにも力を入れると
5月に2RKOで再起を果たした。
エントリーした18年新人王は出場者2名といきなりの決勝戦
明日14歳年上の遠藤健太(帝拳)と対戦する。

若さ溢れるスピードの星か!? 腰を据えたパワーの遠藤か!?



星 大翔(角海老宝石)
生年月日:1998-02-14
出身地:埼玉県ふじみ野市
戦績:4戦2勝(2KO)1敗1分
アマチュア戦績:22戦13勝(5KO)9敗
トレーナー:田島 孝介
ボクシングスタイル:右ボクサーファイター
血液型:O型
主戦階級:スーパーライト級
身長:174cm


「KB-Take」
©2018 Kadoebi inc. All Rights Reserved.