角海老宝石ボクシングジム

ニュース

ネリがPBCと契約 マイキーvsスペンス前座出場

  
pict
2019-01-26
 前WBCバンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が米国業界大手のPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)とサインを交わした。米国メディアによると契約は5試合。これまでネリをバックアップしたメキシコのサンフェル・プロモーションズとの関係も継続する。25日、ボクシング専門サイトのボクシングシーン・ドットコムなどが伝えた。


米国デビューすることになったネリ(右)

 ネリは17年8月、12度連続防衛中だった山中慎介に4回TKO勝ちで王座に君臨したが、3週間後、山中戦前に実施された薬物検査で違反物質ジルパテロールが検出され渦中の人物となった。

 その後復帰が認められて同年11月ノンタイトル戦を行ったものの、18年3月、山中との再戦で大幅な体重オーバーで失格。翌日の試合で2回KOしたが、JBCから永久追放処分を科せれるなどボクシングに対する姿勢が周囲から大ブーイングを浴びた。

 WBCの停止処分が解除された後、昨年10月と12月メキシコで試合を行い、いずれもストップ勝ち。サンフェル・プロモーションズのフェルナンド・ベルトラン代表はネリの米国進出ルート開拓に執心。今回、アル・ヘイモン氏率いるPBCと合意に達したもようだ。

 これまで山中戦2試合以外は母国メキシコで戦っているネリの米国デビューは3月16日テキサスで行われるエロール・スペンス(米)vsマイキー・ガルシア(米)のIBFウェルター級タイトルマッチのアンダーカードに組まれる予定。

 ネリ本人は今月、王座決定戦で勝ったWBCバンタム級新王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)vs同暫定チャンピオン井上拓真(大橋)の勝者への挑戦を望んでいる。


提供:ボクシングニュースhttp://boxingnews.jp/news/64330/
©2019 Kadoebi inc. All Rights Reserved.