角海老宝石ボクシングジム

ニュース

岩佐 再起戦へ仕上がり良好「ボクシングの本質を忘れてた」

  
pict
2019-02-06
 前王者の岩佐亮佑(29=セレス)が10日後に迫った再起戦に向け、練習を公開した。フアレスとタイプの似ている岩井大(三迫)を相手に4ラウンドのスパーリングを実施。1階級上の日本ランカー相手に、力負けすることなく激しく打ち合うなど仕上がりの良さをアピールした。
 昨年8月のV2戦でTJ・ドヘニー(アイルランド)に判定で敗れて王座陥落。「ボクシングの本質は殴り合いということを忘れていた」と振り返る。再出発の舞台は米国での挑戦者決定戦。「ありがたい。感謝しかない」の思いは強く、「これで変われなきゃ引退」の覚悟で臨む。

 ドヘニーはWBA王者との統一戦へ向かう動きもあるが、「自分は挑戦権を獲ることしか見ていない」と岩佐。7日にスパーを打ち上げ、10日に渡米する予定だ。
提供:SPONICHI ANNEX  https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2019/02/06/kiji/20190205s00021000381000c.html
©2019 Kadoebi inc. All Rights Reserved.