角海老宝石ボクシングジム

ニュース

木村翔 26日に中国で王者カニサレスに挑戦 再び海外戦で2階級制覇へ

  
pict
2019-05-14
ボクシングの前WBO世界フライ級王者でWBA世界ライトフライ級2位の木村翔(30=青木)が14日に都内で会見を開き、今月26日に中国・厚生省撫州市でWBA世界ライトフライ級王者カルロス・カニサレス(26=ベネズエラ)に挑戦すると発表した。木村は17年7月に敵地・上海で鄒市明(ぞう・しみん、中国)からWBO世界フライ級王座を獲得しており、今回勝てばいずれも海外で王座を奪取しての2階級制覇となる。

 木村は昨年9月、田中恒成(畑中)に判定負けして3度目の防衛に失敗し、王座から陥落。今年2月に現役続行を表明して3月に上海で行われた再起戦に3回TKO勝ちしていた。戦績は22戦18勝(11KO)2敗2分け。

 カニサレスは22戦21勝(17KO)無敗1分けの右ボクサーファイター。16年12月の世界初挑戦では田口良一(ワタナベ)の持つWBA世界ライトフライ級王座に挑戦して引き分けたが、昨年3月に神戸で行われたWBA世界ライトフライ級王座決定戦で小西怜弥(真正)に判定勝ちして王座に就いた。同年7月にマレーシアで中国選手を破り初防衛に成功している。

 カニサレス―木村と同じ興行では前WBA世界スーパーバンタム級王者・久保隼(真正)がWBA世界フェザー級王者・徐燦(シュ・チャン、中国)に挑戦する。

提供:スポニチアネックスhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000122-spnannex-fight
©2019 Kadoebi inc. All Rights Reserved.