角海老宝石ボクシングジム

ニュース

井上尚弥が2年連続3度目のMVP受賞  グアム合宿で発熱 表彰式は欠席

  
pict
2020-02-07
 2019年に顕著な活躍をした活躍をした選手を称える2019年度年間表彰式が7日、東京ドームホテルで行われた。最優秀選手賞にはWBAスーパー・IBFバンタム級王者の井上尚弥(大橋)が輝いた。井上は2年連続3度目のMVP受賞。



 井上はこの日、表彰式に出席する予定だったが、6日にグアム合宿から帰国後、発熱して欠席。大橋秀行会長は「今朝7時に39度近い熱があると連絡がきたので休ませた。病院で診断を受けて、筋肉疲労による発熱と診断された」と説明。来週にトレーニングを再開できる見通しだという。

 井上は19年、5月イギリスのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回TKO勝ち。11月の決勝はさいたまスーパーアリーナでノニト・ドネア(比)を下して優勝した。この試合は年間最高試合に選ばれた。

 技能賞の井岡一翔(Reason大貴)は6月にWBO・S・フライ級王座決定戦を制して日本人男子選手初の4階級制覇を達成。12月には苦しみながらも初防衛を成功させた。井岡も所要でこの日の表彰式は欠席だった。

 敢闘賞に選ばれたWBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)は5月、前年に王座を奪われたロブ・ブラント(米)に2回TKOで見事にリベンジ。12月にはスティーブン・バトラー(カナダ)に5回TKO勝ちで初防衛に成功。村田はKO賞にも選ばれた。


2年連続女子MVPの天海

 女子の最優秀選手賞は2年連続でWBO・L・フライ級王者の天海ツナミ(山木)。年間最高試合は天海がWBAフライ級王者の藤岡奈穂子(竹原&畑山)に挑戦し、ドローに終わった一戦が選ばれた。

■2019年間表彰選手

◇最優秀選手賞 井上尚弥(大橋)
◇技能賞 井岡一翔(Reason大貴)
◇殊勲賞 村田諒太(帝拳)

◇努力・敢闘賞 永野祐樹(帝拳)=日本ウェルター級王者
◇KO賞 村田諒太(帝拳)
◇新鋭賞 中谷潤人(M.T)=前日本フライ級王者

◇年間最高試合賞(世界)
WBA・IBFバンタム級王座統一戦
井上尚弥(WBA・IBF王者)[判定勝ち]ノニト・ドネア(WBAスーパー王者)
※大橋プロモーション

◇年間最高試合賞(世界戦以外)
WBOアジアパシフィック・ウェルター級王座決定戦
別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)[10回TKO勝ち]矢田良太(グリーンツダ)
※グリーンツダプロモーション

◇女子最優秀選手賞 天空ツナミ(山木)
◇年間最高試合賞
WBA女子フライ級タイトルマッチ
藤岡奈穂子(王者=竹原&畑山)[判定引き分け]天海ツナミ(挑戦者)
※一力プロモーション

◇優秀選手賞
寺地拳四朗(WBC・L・フライ級王者=BMB)
京口紘人(WBAスーパーL・フライ級王者=ワタナベ)
田中恒成(WBOフライ級王者=畑中)
岩佐亮佑(IBF・S・バンタム級王者=セレス)
井岡、井上、村田

◇トレーナー賞 加藤健太(三迫=寺地のトレーナー)

【特別賞】
元WBA・S・フライ級王者 河野公平
元WBA・IBF・L・フライ級王者 田口良一
元WBOミニマム級王者 福原辰弥
元日本プロボクシング協会会長/三迫ジム名誉会長 故・三迫仁志


提供:ボクシングニュースhttps://boxingnews.jp/news/72804/
©2020 Kadoebi inc. All Rights Reserved.