角海老宝石ボクシングジム

ニュース

渡部あきのり6年ぶり日本王座戦 あす日本SW級暫定

  
pict
2018-08-23
あす24日後楽園ホールで開催される「DANGAN215」の計量が23日、後楽園ホールで行われ、メインの日本S・ウェルター級暫定王座決定戦は、日本同級1位の渡部あきのり(角海老宝石)と同2位の丸木凌介(天熊丸木)がともにリミットの69.8キロで合格した。暫定戦は王者の新藤寛之(宮田)のけがによるもの。

 足掛け15年にわたり後楽園ホールを沸かせてきた渡部が44戦目のリングを迎える。これまで日本、OPBF王座を獲得してきたサウスポーが日本タイトルマッチの舞台に立つのは12年7月、自身が保持していた日本ウェルター級王座の3度目の防衛戦以来、実に6年ぶりだ。

 かつて15連続KOの日本タイ記録をマークした強打者は「33歳のオレが日本暫定王座に挑戦しているとは思って見なかった」と自嘲気味に話しながらも、「やっている以上、世界で一番になりたくてやっている」と闘志は衰えていない。

 特に近年の角海老ジムは細川バレンタインが36歳で日本S・ライト級王座を獲得するなど、ベテランから若手まで元気な選手が多い。角海老ジムに移籍して以降、ベルトを手にしていない渡部は「判定でも何でも必ず勝つ」とジムへの恩返しを誓った。

 一方、5月に新藤との日本王座決定戦に惜敗した丸木は2戦連続、通算で3度目の日本タイトルマッチのチャンスを得た。

 5月の試合は初回にキャリア初のダウンを奪われながら、後半追い上げての1ポイント差負け。今回は渡部が新藤と同じサウスポーということもあり、ディフェンスにも意識を置いて練習してきた。

 渡部の強打には警戒しているが、「スタミナはボクのほうがある。理想は大差判定勝ち。でも中盤にKOになるかも」と丸木。3度目の正直で中部にベルトを持ち帰る。

提供:ボクシングニュース
http://boxingnews.jp/news/60405/
©2018 Kadoebi inc. All Rights Reserved.