角海老宝石ボクシングジム

ニュース

ライト級3冠の吉野修一郎あす日本V5戦

  
pict
2020-02-12
挑戦者の富岡樹「王者は過大評価されている」と挑発

 あす13日後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のメインは日本ライト級タイトルマッチ。日本ボクシングコミッションで行われた前日計量は、王者の吉野修一郎(三迫)と指名挑戦者の富岡樹(REBOOT.IBA)がともにリミットの61.2キロで合格した。

 元トップアマの吉野はデビューから11連勝(9KO)をマークし、現在は7連続KO勝ち。昨年10月にはハルモニート・デラ・トーレ(比)との王座決定戦を制し、WBOアジアパシフィック王座とOPBF王座をコレクションに加えた。いま最も勢いに乗っているチャンピオンの一人と言えるだろう。

 今回が5度目の防衛戦で、WBO13位、WBC15位にランクインしたこともあり、今回の試合を日本王座の卒業試合と位置付ける。「だれでもいいのでむこうで試合がしたい。アメリカでやって日本の吉野修一郎の名前を知らしめたい。サムライと言わせたい」というのが現在の本心だ。

 そのためにはまず富岡を下すことが絶対条件。そのことを十分に理解している吉野は「リーチもあるし、ボディバランス、スピード、なかなか日本人にはいないタイプだと思う」と富岡を高く評価し、アマチュアのトップ選手とスパーリングを重ねた。

 そうして準備をした上で、世界に近づくことを強く願う王者は「圧倒的な内容で勝つだけ」と力の差を見せつけるつもり。未来への扉をこじ開けようという意欲に満ちている。

 一方、長身の技巧派ボクサー、22歳の富岡(7勝2KO2敗1分)はこれが18年7月のOPBF王座挑戦に続くタイトルマッチ。今回の試合に向けては3階級制覇王者のホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)と3度スパーリングをして、「自分のスピードが通用した。自信になった」と手ごたえを感じ、「今回は下がるという今までのイメージとは違う富岡樹を見せる」と自信がみなぎる。

 無敗のチャンピオン吉野についても「みんな吉野さんをすげーと言うけど、過大評価されていると思う。たいした相手とやっていない」とバッサリ。「あした、ほしいものがすべて手に入ると思うとワクワクして興奮してくる」と終始強気な姿勢を崩さなかった。

提供:ボクシングニュース
https://boxingnews.jp/news/72922/
©2020 Kadoebi inc. All Rights Reserved.