角海老宝石ボクシングジム

ニュース

渡部あきのり 1回TKO勝ちで暫定王者 日本王座2階級制覇達成

  
pict
2018-08-25
日本スーパーウエルター級暫定王座決定10回戦は24日、東京・後楽園ホールで行われ、同級1位の渡部あきのり(33=角海老宝石)が同級2位の丸木凌介(27=天熊丸木)に1回2分51秒TKO勝ちして暫定王者となり、ウエルター級と合わせて日本王座2階級制覇を達成した。浜田剛史、比嘉大吾と並ぶ15試合連続KOの日本記録を持つ元東洋太平洋ウエルター級王者・渡部は44戦37勝(31KO)7敗、3度目の日本タイトル挑戦も実らなかった丸木は22戦15勝(10KO)6敗1分け。

 開始直後から渡部が大振りのフックを振るい、丸木がカウンターから4連打を浴びせて激しい打撃戦に移行。渡部は右フックで丸木の左目上を切り裂き、ボディーから上へのコンビネーションでコーナーへ追い詰め、メッタ打ちにして膝をつかせるダウンを奪った。立ち上がった丸木に猛攻を仕掛けると、レフェリーがストップ。渡部はリング上で仁王立ちし、「プロは結果だけど、プロなので(打ち合いで)見ている人が面白ければ」とプライドを口にした。

 15年11月に有川稔男(川島)に6回TKO負けした際は引退も考えたというが、2年前に角海老宝石ジムへ移籍。選手同士の仲が良く、重量級の選手でもスパーリングパートナーに事欠かないため、「最高の環境。強くなってベルトを巻いて結果を出すことでしか(恩は)返せない。1個目(の恩返し)ができてよかった」と言う。4月の前戦後には長女・紗月ちゃん(3)が白血病であることが判明。現在も入退院を繰り返している状態と明かし、「娘のために倒れても立ち上がる姿が仕事だと思った。今日は勝てて良かった」と話した。今後は負傷中の正規王者・新藤寛之(宮田)との王座統一戦が義務づけられるが、花咲徳栄高(埼玉)の1年後輩でもあり、「やりたくない。(新藤が王座を)返上しないかな。長く休んでいてもいい」とおどけて周囲を笑わせた。

提供:スポニチ・アネックス
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/08/24/kiji/20180824s00021000346000c.html
©2018 Kadoebi inc. All Rights Reserved.