角海老宝石ボクシングジム

ニュース

プロボクシング 4月15日までの試合中止を決定  4.5東日本新人王戦は無観客試合で開催

  
pict
2020-03-06
 日本プロボクシング協会と日本ボクシングコミッション(JBC)は5日、国内で開催されるプロボクシングの興行を4月15日まですべて中止・延期すると発表した。例外として4月5日に後楽園ホールで東日本新人王予選(2部構成、18試合を予定)を無観客試合で開催する。


東日本新人王予選は4月5日、無観客で開催

 新型コロナウイルス対策によるもので、協会とJBCは2月下旬、3月中の興行をすべて中止すると発表しており、これをさらに2週間に延長する。4月上旬に予定されている興行は、現状ではチケットの販売も難しく、選手の減量の問題もあるため、早めの決断となった。

 上記の決定は協会とJBCで設立した新型コロナウイルス対策連絡協議会の判断による。協議会は13日に再度開かれ、4月16日以降の対応を協議する。

 協議会では、プロモーターからの要望があれば無観客試合の許可を検討するが、今のところ東日本新人王予選以外で無観客試合が行われることはなさそうだ。

 また、協会とJBC、協議会は加盟ジムに対し、小中高生のジムでの練習、入館を当面禁止するなどの感染防止策をとるよう要望した。

提供:ボクシングニュースhttps://boxingnews.jp/news/73358/
©2022 Kadoebi inc. All Rights Reserved.