角海老宝石ボクシングジム

ニュース

比嘉大吾、移籍初戦は10月26日。 アマ時代2敗の堤聖也とバンタム級10回戦

  
pict
pict
2020-09-10
バンタム級での世界王座復帰を目指す元WBC世界フライ級チャンピオン(現WBCバンタム級7位)比嘉大吾(25歳=Ambition)が10日、リモート会見を行い、10月26日(月)、東京・後楽園ホールで日本バンタム級13位の堤聖也(24歳=角海老宝石)とバンタム級10回戦を行うことを発表した。

「2月の試合のときとは別人のようです」。
 同席した野木丈司トレーナーがハッキリと断言するほど、比嘉のパフォーマンスは絶好調のようだ。「ボクシングの勘、スタミナは世界チャンピオン時に戻っているし、パワーに関しては当時よりも増している」と具体的に語る。ジム移籍が決定し、野木トレーナーの住まいがある横浜に引っ越し、「朝、晩の2部練習で、きついトレーニングを重ねてきた」(比嘉)こともひとつ。さらに「メンタル的なスイッチが入ったことによって、こんなに変わるものかと驚いた」と野木トレーナーが目をみはるほど、気持ちの充実ぶりが“変身”を支える。
画像: 無敗の堤。本人、陣営とも一気に勝負をかける心意気が素晴らしい

無敗の堤。本人、陣営とも一気に勝負をかける心意気が素晴らしい

 対する堤は1月に行われた『GOD LEFTバンタム級トーナメント決勝』で、強打のサウスポー中嶋一輝(大橋)をかき回して空転させ、惜しくも敗者扱い(公式結果はドロー)となったが株を上げた選手。比嘉はアマチュア時代に2度対戦し、いずれもポイント負けを喫している。「相手が嫌がることをやってくる選手」(比嘉)。野木トレーナーも「元世界チャンピオンと戦うとなれば、相当な意気込みでくるはず」というが、「こちらも最初からぶっ潰すつもりで臨む」と気合十分だ。

 来年中のバンタム級での世界挑戦、奪取を「明確な目標として掲げたい」(野木トレーナー)と青写真を描いており、「KOで勝って次につなげたい」(比嘉)、「KOするのに力むのでなく、倒すためにやるべきことをやる」(野木トレーナー)と、はっきり格の違いを見せつけるつもりだ。

 17戦16勝(16KO)1敗の比嘉にとって、日本人選手との対戦は2014年11月、3戦目の藤井敬介(宇都宮金田)戦以来、2度目。6戦5勝(4KO)1分の堤は、アップセットを果たせば一気に世界ランク入りを果たす。

提供:ベースボール・マガジン社、ボクシングマガジン

©2020 Kadoebi inc. All Rights Reserved.