角海老宝石ボクシングジム

ニュース

鈴木雅弘が6戦目で日本S・ライト級王者 永田大士に10回TKO勝ち

  
pict
pict
2021-06-10
日本S・ライト級タイトルマッチが10日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のメインイベントで行われ、挑戦者5位の鈴木雅弘(角海老宝石)がチャンピオンの永田大士(三迫)に10回2分9秒TKO勝ちで新チャンピオンに輝いた。永田は2度目の防衛に失敗した。

※赤コーナーからタオル投入で雄叫びを上げる鈴木(右)

 サウスポーの永田がガードを固めて前へ。試合はいきなり接近戦で始まった。鈴木は左フックを打ち込み、永田はボディを狙っていく。この日の永田はひたすらプレスをかけ、インサイドでコンビネーションを打ち込もうとするが、攻めが雑だった。鈴木は接近戦を嫌がる素振りはなく、しっかり対応して右ストレート、左フックを決めていく。3回には左ボディ、右ストレートで永田にダメージを与えた。

 既に顔を腫らしている永田は4回に馬力を発揮しかけるが、5回はまた鈴木がコツコツと有効打を重ねた。5回終了時の採点は、鈴木が49-46、50-45×2でリードした。

 永田は後半、逆転を狙って前に出るが、鈴木がジャブ、ボディ打ち、右ストレートと多彩なパンチをコツコツと当ててペースをキープ。しかし7回、永田のボディ打ちが効いたのか、鈴木の脚が止まって会場が一気に盛り上がる。永田は一気に攻めたいところだが、なかなか脚が前に出なかった。

 8回は両者ともにダメージを負い、かなり消耗してきた印象。そんな状況で9回に攻めたのは鈴木だった。永田の反撃を断ち切ると、10回も攻めた。右ストレートが決まった瞬間、永田のセコンドが駆け上がって棄権の意思を示した。25歳の鈴木は6勝4KO。31歳の永田は15勝6KO3敗2分。

提供:ボクシングニュース
https://boxingnews.jp/news/83893/
©2021 Kadoebi inc. All Rights Reserved.