角海老宝石ボクシングジム

ニュース

“リトルパッキャオ”福永亮次が8回TKO勝ち S・フライ級アジア2冠守る

  
pict
pict
2021-06-22
WBOアジアパシフィック&日本S・フライ級タイトルマッチが21日、後楽園ホール「DANGAN240」のメインで行われ、チャンピオンの福永亮次(角海老宝石)が挑戦者のWBO・AP5位、日本8位の藤井貴博(金子)に8回1分19秒TKO勝ち。WBOアジア王座は2度目、日本王座は初の防衛に成功した。
福永は8回に試合を決めた

 サウスポー対決。福永が圧力を掛け藤井が迎え撃った。福永が重いジャブから左、藤井もスピードをいかした出入りを見せる。しかし2回、福永は右フックを決めて藤井をコーナーに追い込む。早くもKOかというムードも漂う中、藤井はコンビネーションで反撃して意地を見せるが、福永が左ボディも決めて藤井にダメージを与えた。

 中盤は福永が倒しにかかり、藤井がそれをしのごうという展開。福永はボディを断続的に決めるが、藤井も粘ってラウンドは進んだ。6回、福永が仕留めにかかったかに見えたシーンで藤井が反撃して会場を盛り上げたが、福永のワンサイドゲームは変らない。

 迎えた8回、福永が左アッパーをボディに決めた後、左ストレートがカウンターで決まり、藤井がグラリ。福永が右、左と追撃すると藤井が背中からバッタリとキャンバスに沈んだ。

 世界ランキングでWBCとWBO14位、IBF8位の34歳、福永は14勝14KO4敗。よく健闘して試合を盛り上げた32歳の藤井は12勝3KO7敗1分。担架での退場となった。

福永の話「やりにくい相手だと思っていたけど、思っていたより前に出てきてくれた。ベルトを獲る意気込みを感じた。途中は判定までいくのかと思った。カウンターを当てても顔に出ないので、効いているかどうか分らなかった。最後は(藤井が明らかにグロッギーだったので)打とうかどうしようか迷ったけど、立ってこられたら嫌だと思ったので殴りました。次が一番の難問だと思う(陣営は日本ランキング3位の梶颯との防衛戦を計画中)。世界戦は? 日本の強い選手に勝ってからそういう話はしたいと思います」

◇フライ級6回戦
飯村樹輝弥(角海老宝石)[3-0(58-56×3)]川崎智輝(SUN-RISE)
 2月にデビューした元日大主将の飯村が、これがデビュー戦となる元近大主将の川崎を迎えた。初回はリーチのある飯村が左フックを決めて優勢。2回は川崎がプレスを強めて右ストレート、ボディ打ちで仕掛けていく。しかし、飯村は流れを渡さず左フックでリードをキープした。後半に入るとさらに飯村ペースとなり、左フック、右ストレート、ボディブローをヒット。思うように攻撃できない川崎は最終回に反撃したが遅かった。飯村は2勝1KO。

提供:ボクシングニュース
https://boxingnews.jp/news/84219/
©2021 Kadoebi inc. All Rights Reserved.