角海老宝石ボクシングジム

ニュース

【ボクシング】“キャプテン対決”は飯村が勝利/元国体王者・永田がデビュー

  
pict
pict
pict
2021-06-22
21日、東京・後楽園ホールでは、元トップアマ選手出場の6回戦2試合が行われた。フライ級では、元・日本大学主将の飯村樹輝弥(23歳=角海老宝石)が元・近畿大学主将の川崎智輝(22歳=SUN-RISE)と、バンタム級は元・国体少年の部ライトフライ級優勝の永田丈晶(ながた・じょうすけ、23歳=協栄新宿)が鶴海高士(つるみ・こうじ、24歳=寝屋川石田)と対戦した。

文_本間 暁 写真_菊田義久

※左フックの相打ちで勝る飯村(左)

 ソンブレロをかぶって入場する飯村は、ボクシングもメキシカンスタイルそのまま。1月のデビュー戦では鮮やかな初回TKO勝利を飾っており、この試合でもバランスの良い足取りから、迫力あるコンビネーションを打ち込んでいった。
 だが、これがデビュー戦の川崎も負けてはいない。気持ちのこもったワンツーを放ち、飯村との左フックの打ち合いにも応じる。前の手のフェイントの掛け合いも、「さすがキャプテン対決」と思わせる、ひりひりとさせるものだった。

※川崎(左)も、デビュー戦とは思えない冷静な攻めを見せた


 デビュー戦のイメージが強烈すぎた飯村だが、川崎の力量をしっかり把握すると、決して攻め過ぎない。ときに敢えて引いて誘い、右を合わせるなど、この日は巧さも見せた。さらに、ヒザの柔らかさを利用して、巧みに位置取りを変える。気迫では負けない川崎との差はここに表れた。

※ソンブレロをかぶり、2勝目を喜ぶ飯村


 判定に持ち込まれた結果は、ジャッジ三者とも58対56で飯村を支持。ともに6ラウンドをフルで戦えたことは収穫で、川崎は若干スタミナで劣ったところも課題となる。

提供:ボクシングマガジン
https://www.bbm-japan.com/article/detail/20625
©2021 Kadoebi inc. All Rights Reserved.