角海老宝石ボクシングジム

ニュース

WBCライト級王者ヘイニー、暫定王者ディアス戦正式決定 12.4ラスベガス

  
pict
2021-11-04
内定のニュースが流れていたWBCライト級王者デビン・ヘイニー(米=写真)vs.暫定王者ジョセフ・ディアス(米)が12月4日、ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されることが決まった。3日、イベントを中継するストリーミング配信DAZN、ディアスを擁するゴールデンボーイ・プロモーションズが発表した。

 ヘイニー(26勝15KO無敗)は最新の試合でホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)に判定勝ちで4度目の防衛に成功。「前回、より危険な選手(リナレス)を相手に多くのことを学習した。今回みんな、エキサイティングで爆発的な試合を期待してほしい」とコメント。暫定王者のディアスを下してビッグネームとの対決に前進する計画だ。

 ディアス(32勝15KO1敗1分)は前回、ハビエル・フォルトゥーナ(ドミニカ共和国)に判定勝ちで暫定王座を獲得。前IBF・S・フェザー級王者は「キャリアを通じて最大のチャレンジとなる。同時に自分の名前を高める大きなチャンスが待っている」と抱負を語った。

 WBCは他の3団体ライト級王座を保持するテオフィモ・ロペス(米)をフランチャイズ王者に据えている。第一報は12月3日開催だったが、翌日土曜日4日に今のところビッグマッチが予定されていないことから1日ずれたもようだ。

 ライト級は統一王者のテオフィモ・ロペス(米)が11月27日、ジョージ・カンボソスJr(オーストラリア)と防衛戦。WBAレギュラー王者のジェルボンテ・デービス(米)が12月5日に防衛戦を予定している。Photo by SUMIO YAMADA

提供:ボクシングニュース
https://boxingnews.jp/news/86590/
©2021 Kadoebi inc. All Rights Reserved.