角海老宝石ボクシングジム

ニュース

世界戦級の大一番! 明日シドニーで井上岳志がジューと対戦。「勝って2度目の世界挑戦へ」

  
pict
pict
pict
2021-11-16
明日17日、オーストラリア・シドニーのクードス・バンク・アリーナで行われるスーパーウェルター級12回戦で、WBO1位ティム・ジュー(27歳=オーストラリア)と対戦するWBOアジアパシフィック王者で6位の井上岳志(31歳=ワールドスポーツ)が計量後のオンライン会見に臨んだ。なお、ジューは69.5kg、井上は69.6kgでリミット(69.8kg)をクリアしている。
※Photos by Getty Images

 計量を終え、現地の日本食レストランで「おにぎりやうどんなど胃に優しいものを食べた」という井上は、ホテルの自室でリラックスした様子。時折笑顔ものぞかせながら、非常に落ち着いた語り口で話すのが印象的だった。

 対戦相手のジューは、偉大なる名王者で同国のヒーロー、コスタヤを父に持ち、19戦全勝(15KO)と堂々たる戦績を誇る人気者。自国のスター選手と対戦する「イノウエ」に、現地の人々もリスペクトをもって接してくれる。「街でもしょっちゅう声をかけられるし、みんな紳士的に対応してくれる。気候も良いし、とても過ごしやすい」
※フェイスオフを終えた両者はガッチリ握手。右後方でベルトを掲げるのは齊田会長

 会場は、かつて「シドニー・スーパードーム」と名乗り、2000年のオリンピックの際にはバスケットボール、体操などが行われた場所。齊田竜也会長によれば、「2万人収容できるそうですが、ロックダウンが解除されたばかりなので、どのくらい入るか」とのこと。いずれにしても、大観衆が詰めかけることは確実で、試合になれば一転して“ヒール”扱いとなる可能性が大。だが、「大音量のブーイングも力に変える」と井上はすでにイメージ済み。2019年1月に時のWBO王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)にアメリカ・ヒューストンで挑んだ(0-3判定負け)経験は大きい。

「筋量は私の方が多いでしょうが、相手は骨格が大きい」と、計量時に対峙したジューの印象を語る。「リーチも長そうだし、パンチも強そう。きっと打ち合いになるでしょうね」と腕を撫す。スター候補ムンギアを、フィジカルの強さを生かして距離を詰めて苦しめたものの大差で負けた経験を糧に、ストレート系ブローを磨いてきた。「ムンギア戦のような戦い方ではポイントを取れない。ホームではないから判定では勝てないとも思う。中盤から後半にKOしたい」と井上。持ち味の突貫スタイルに、スタイリッシュなボクシングを融合させる“オールラウンド”な戦い方が求められる。

 この試合は、ジューが持つWBOグローバル王座(日本未公認)が懸けられる試合となるが、それ以上にWBO王者ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)への挑戦権を賭ける戦いの意味合いが強い。そして、世界的にも著名なジューを下せば、“もうひとりのイノウエ”とその名は轟くはずだ。

 なお、セミファイナルには井上が前戦(昨年11月)で戦って判定勝利している日本ミドル級2位・ワチュク・ナァツ(24歳=マーベラス)が出場。日本未公認のIBOインター・スーパーウェルター級王者ウェイド・ライアン(31歳=オーストラリア)に挑む。
※セミファイナルでナァツ(右)も出場する

「彼には『勝ってくれないとリベンジできない』と言われました」と笑う井上。ともに勝利しての凱旋を誓った。

 ゴングは日本時間明日の夜──。

文_本間 暁

提供:BBMベースボール・マガジン社/ボクシングマガジン
https://www.bbm-japan.com/article/detail/26915
©2021 Kadoebi inc. All Rights Reserved.