角海老宝石ボクシングジム

戦績詳細

2018-12-01

ダイナミックグローブ(SLUGFEST.7)

Sライト級8回戦
vs デスティノ・ジャパン(ピューマ渡久地)

判定3-0(77-74,78-72,77-72)
試合:今後のSライト級トップ戦線を占う注目のランカー対決。体を大きく振って中に入る機会を窺うデスティノに対し、今野は中間距離を維持して丁寧にジャブを突く立ち上がり。2回、デスティノがプレスを強めジャブを上下に散らすと、1分過ぎに左フックがヒット。体勢を崩された今野も打ち終わりを狙い右を被せたが、角度が浅く致命打までは奪えなかった。しかし、このヒットで楽になったのか、今野は3回に入ると右フック、右アッパーを打ち込みペースアップ。デスティノも長い腕から左フック、右クロスをコンパクトに繰り出し、4回は左ボディを効かせた。ここで今野も打って出るが、左フックを浴びグラり。5回も右を打つタイミングで左ボディを抉られ、リズムを崩した。それでもしつこくジャブを突き反撃の糸口を掴むと、のけ反ったデスティノに左ボディからの右フックでダウンを先取。続く6回も的確なジャブから右を効果的に叩き込み、カウンター気味のジャブで2度目のダウンを奪った。この回、デスティノはホールディングで減点1となり、ポイント的に苦しい状況。何とか盛り返したいデスティノは、7回も前がかりの今野に左右を叩きつけられたが、強気に打ち合うと右アッパーで今野の顎を捉え、最終8回に望みを繋いだ。アッパーで踏み込むデスティノだが、今野も左フックから右ストレートを好打し譲らず。最後まで激しくパンチを交換したままゴングを迎え、今野が判定勝ちでランカー対決を制した。
©2019 Kadoebi inc. All Rights Reserved.