角海老宝石ボクシングジム

戦績詳細

2017-06-13

DANGAN185

日本フライ級 王座統一10回戦
vs 暫定王者:黒田 雅之(川崎新田)
×
判定1-2(95-94,93-96,94-95)
試合:粉川が怪我により休養中に暫定王座に就いた黒田は、ライトフライ級に続く日本2冠王者。粉川とは昨年3月以来、2度目に対戦となる。先手を取ったのはゴングと同時に勢いよく攻めた黒田。粉川もすぐに応戦したが、体が温まる前に左フックを痛打され、開始1分も経たないうちにキャンバスに崩れた。先制攻撃が成功した黒田は、その後も力強い左を突いては粉川を追い込み主導権を掌握。だが、粉川も一歩離れては細かい連打で対抗し、中盤に入ると得意とする速いテンポでの攻撃が決まり始めた。5回は間合いを外しての右ストレートで上回り、初回にダウンするも5回までの途中採点を48-46、47-47、47-47の1ー0リードで折り返した。6回、追う立場となった黒田は多少の被弾はお構いなしに前進を続け、何度も左フックを狙ったが、粉川に読まれ空を切るシーンが目立った。7回、8回は互いに頭をつけて打ち合い総力戦に発展。黒田が押しながら強打を繰り出せば、粉川は連打から右アッパーで迎え撃ち、ラストまでどちらも譲らぬ意地の張り合いが続いた。判定は割れ、最後のジャッジは1ポイント差で黒田を支持。黒田が粉川へのリベンジをはたし、王座統一に成功した。
©2019 Kadoebi inc. All Rights Reserved.